MotoGP小ネタ:「このマシン、ロッシのだよ」ビニャーレス、決勝日朝の失敗

sport

ヘレス・サーキットで行なわれたMotoGP第3戦アンダルシアGP。決勝レースではヤマハ勢が表彰台を独占する活躍を見せたが、この日2位を獲得したマーベリック・ビニャーレスは、その日の朝にちょっとしたミスを犯していた。その姿をカメラに抑えられており、MotoGPは公式インスタグラムにその模様を公開した。

決勝日の朝に行なわれたウォームアップセッションで、ビニャーレスはピットへ戻るとセカンドマシンに乗り換えようとした。ビニャーレスは奥に停まっていたYZR-M1へとトコトコと歩み寄るも……これはチームメイトのバレンティーノ・ロッシ用のマシンだったのだ。

メカニックに指摘されてその事に気がついたビニャーレスは、早足で反対側に停められていた自らのマシンの方へを歩いていき、無事にまたがることができた……。MotoGPライダーも自分のマシンを見間違えることはあるようだ。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件