科学技術による経済の構造転換をけん引 江蘇省南京市

news

南京市江北新区の国際健康城で5G(第5世代移動通信システム)対応の自動運転配送車の調整を行う技術者。(2019年8月17日撮影、南京=新華社記者/李雨沢)

【新華社南京8月1日】中国江蘇省南京市は、「イノベーションの都」建設が進んでおり、科学技術活用による産業の高度化と経済の構造転換に新しい原動力を与えている。

南京市は上半期(1~6月)、一般公共予算支出のうち、科学技術支出が前年同期比で14・4%増えた。一定規模(年商2千万元、1元=15円)以上工業・サービス業の研究・開発費は23・3%増え、売上高に占める割合は2・0%で、前年同期から0・46ポイント拡大した。ハイテク産業への投資額は34・6%増の275億7900万元となり、5カ月連続で急成長した。1~5月、一定規模以上ハイテクサービス業と科学技術サービス業の売上高はそれぞれ9・4%増、14・9%増だった。ハイテク製造業の増加値(付加価値生産額)は34・0%伸び、一定規模以上工業に占める割合は前年同期から6・2ポイント拡大した。

市場主体(企業などの各種事業体)の活力はさらに喚起された。上半期、一定規模以上の民間工業企業の増加値は前年同期比21・0%増の378億7600万元となり、一定規模以上工業企業に占める割合は27・3%となった。民間投資(不動産を除く)は22・0%伸び、伸び率は投資全体を17・2ポイント上回った。民間企業による輸出入は19・7%増えた。

新経済(ニューエコノミー)の成長が加速した。1~5月、一定規模以上サービス業のうち、インターネットと関連サービスの売上高は22・4%増となり、伸び率は一定規模以上サービス業全体を26・9ポイント上回った。一定規模以上ネット広告企業の売上高は47・9%増だった。上半期、限度額(卸売業年商2千万元、小売業年商500万元)以上の卸売・小売・宿泊・飲食業の公共ネットワークを介した商品小売額は26・6%伸びた。ネットショップの小売額は36・3%伸びた。

タグ: 新華通信社

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件