現代によみがえる古代の青れんが、河北省出岸鎮

news

7月30日、河北省任丘市出岸鎮の古れんが工場で、窯から出した青れんがを整える作業員。(小型無人機から、任丘=新華社記者/牟宇)

【新華社任丘8月1日】青れんがは中国の建築資材として古い歴史がある。河北省任丘市出岸鎮には清朝(1644~1911)のれんが窯跡に造られたれんが工場があり、伝統的な技能を編み出して復古調建築物用の青れんがや瓦などを生産している。

7月30日、河北省任丘市出岸鎮の古れんが工場で、未焼成の瓦を窯の内部に積む作業員。(任丘=新華社記者/牟宇)

7月30日、河北省任丘市出岸鎮の古れんが工場で、復古調建築物用の装飾物を点検する作業員。(任丘=新華社記者/牟宇)

7月30日、河北省任丘市出岸鎮の古れんが工場で、乾かした青れんがを窯の内部に積む作業員。(任丘=新華社記者/牟宇)

7月30日、河北省任丘市出岸鎮の古れんが工場で、青れんがを作る作業員。(任丘=新華社記者/牟宇)

7月30日、河北省任丘市出岸鎮の古れんが工場で、青れんがを作る作業員。(任丘=新華社記者/牟宇)

7月30日、河北省任丘市出岸鎮の古れんが工場で、青れんがを並べる作業員。(任丘=新華社記者/牟宇)

7月30日、河北省任丘市出岸鎮の古れんが工場で、青れんがを作る作業員。(任丘=新華社記者/牟宇)

7月30日、河北省任丘市出岸鎮の古れんが工場で、青れんがを運ぶ作業員。(小型無人機から、任丘=新華社記者/牟宇)

7月30日、河北省任丘市出岸鎮の古れんが工場で、乾かした青れんがを窯の内部に積む作業員。(任丘=新華社記者/牟宇)

7月30日、河北省任丘市出岸鎮の古れんが工場で、未焼成の瓦を窯の内部に積む作業員。(任丘=新華社記者/牟宇)

7月30日、河北省任丘市出岸鎮の古れんが工場で、青れんがを点検する作業員。(任丘=新華社記者/牟宇)

7月30日、河北省任丘市出岸鎮の古れんが工場で、れんがの型枠を整理する作業員。(任丘=新華社記者/牟宇)

タグ: 新華通信社

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件