マイホームは買うべき? 購入派と賃貸派、金融機関勤務4人の理由

news

人生で最も大きな買い物だと言われる「住宅」。持ち家購入のような大きな決心するときには様々な葛藤があると思います。

本当に購入するべきなのか、それとも賃貸のほうがいいのか。また、郊外に購入すべきなのか、都心に購入すべきなのか。悩み始めるとキリがありませんよね。そこで今回は、金融機関勤務の4人にマイホームに対する考え方について聞いてみました。

一度購入しても価値が下がらない物件を選ぶ

証券会社勤務で20代の既婚男性Aさんは、「マイホームは一度は購入しようと思っている。でも、売却することも考慮して、値下がりしにくい物件を選ぼうと思っている」のだそう。

「仕事で金融商品は扱っているけれど、不動産についてはよくわからないから色々とネットで調べたり、不動産会社に勤める友人に聞いたり、セミナーに行ったりして情報収集をしている。子どもが生まれる前にはマイホームを購入したいけれど、今はもう少し調べようかなと思っている」と話します。

Aさんはマイホームを売却することを前提に、つまり一生住み続けることは想定せずに購入を検討するとのこと。都心に住むことが前提なので戸建ては考えておらず、現在建設が進んでいる複数のマンションに目星をつけて、休みの日に順番に物件を見学していると言います。

  • 3
  • 4

参考記事

ニュースレター

どういう物件を購入すれば価値が下がりにくいのか、中古マンションとして一定の価値を保てるのかというところを、住み心地や価格と同じような優先順位で検討していると教えてくれました。

自分たちのライフプランに合わせて検討

銀行勤務の30代の既婚女性Bさんは、「マイホームを購入すべきかどうかは、夫婦の将来像や理想とする生活、子どもの人数などの家族計画と合わせて考える必要があるのでは」と話します。

「たとえば購入してしまえばご近所さんは選べないけれど、ローンとして支払う金額は自分の資産になっていく。賃貸はどんなに支払っても資産にはならない代わりに、住み替えがラクだし周辺の環境も購入する場合より選びやすい。自分たちにはどんなライフプランがあるのかということと、購入と賃貸それぞれのメリット・デメリットを照らし合わせて考えるべき」と教えてくれました。

「うちは子どもは一人にしようと夫婦の合意ができているので、マンションはリビングのほかに夫婦の寝室と子ども部屋が1室あれば十分。夫の仕事は転勤がないのでマイホームを購入してもいいと言っていたけれど、私は実家のご近所さんに困らされた経験があるので気軽に引っ越しができる賃貸がいいと思った」のだそう。

「夫婦2人とも好奇心旺盛だし、ときどき引っ越して住環境を変えるのもいいよねという話もした」とのことで、Bさん夫婦は賃貸を選んだそうです。

郊外に購入するのはアリ、都心はナシ

続いては、証券会社に勤務する未婚の20代男性Cさん。「結婚して10年くらいは通勤に便利な都心の賃貸に住みたい。でも、40代になる頃には郊外に戸建てを買いたい。子どもがある程度大きくなってものびのび暮らせるだろうし…。都心の狭いマンションを購入したり、都内で無理に狭い戸建てを買うのだけはナシ」と断言します。

「埼玉か神奈川あたりで、都内まで1時間半くらいで通えるところなら許容範囲だし、生活の質をトータルで考えると十分満足できそう。頭金を多めに入れて早めにローンは完済し、持ち家の戸建てで子どもたちが独立してからも安心して戻って来られる実家を築いてあげたい」と話していました。

自分たちにとっての住まいというだけではなく、子どもたちにとって「安心して戻って来られる実家」という位置付けを考慮しているのも一つ重要な視点かもしれませんね。

周りが何と言おうと「一生賃貸」を貫く

最後は、証券会社勤務の30代未婚女性Dさんです。「私は周囲が何と言っても賃貸を貫こうと思っている。家族がいないからそう感じるのかもしれないけれど、新しい環境でやり直したいと思って引っ越すこともあるし、一つの場所で一生暮らしていくというのはあまり考えられない」のだそう。

「それに、総合職で働いているので転勤があるかもしれない。社会の風潮のこともあるから今後は転勤はなくなっていくのかもしれないけれど、仕事が好きだしいろんな環境で働きたいと思っているからマイホームを購入することにはちょっと抵抗がある」と話します。

そもそも結婚願望があまりなく、仕事が大好きだと言う彼女。前出のBさんの言う通り、この先どう生きていきたいのか、どういう暮らしをしたいのかということを考えるとおのずと答えが出てくるのかもしれません。

Dさんは「たとえ結婚しても子どもは持たないつもりだから、賃貸で十分かも。働けなくなる頃には実家が空き家になっているからそこをリフォームして住もうかな」と笑って話してくれました。

おわりに

マイホームの購入は多くの人にとって非常に大きな人生の節目です。その後のローンのこともありますし、家族のこともあります。購入するにせよ、賃貸を選ぶにせよ、自分にとっての理想の暮らしと照らし合わせて考えることが大切なのでしょう。

大塚 ちえ

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件