ラッセル、3戦連続のQ2進出も……黄旗無視で5グリッド降格、最後尾スタートに

sport

ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、F1イギリスGP予選で印象的な走りを見せ、3戦連続のQ2進出を果たし15番手で予選を終えた。しかし、5グリッド降格ペナルティを受けたことにより最後列20番グリッドからの決勝スタートとなりそうだ。

Read Also:

  • 【動画】2020F1イギリスGP予選ハイライト
  • F1イギリスGP予選:ハミルトン、驚異のレコードで”制圧”。フェルスタッペン3番手も1秒遅れ

このペナルティは、黄旗時にスローダウンしなかったことにより出されたもの。予選Q1終盤、ラッセルのチームメイトであるニコラス・ラティフィがターン7でスピン。これによって当該区間で黄旗が振られたのだ。

ラッセルも黄旗が出ていたことは認識しており、チームとの無線で「自分は間違いなくスピードを落とした」、「マシンが確実にコントロールできる状態だった」と主張した。

しかしFIAスチュワードは、黄旗が出たラップでタイムを更新したラッセルが規則に違反したとみなした。レースディレクターのマイケル・マシがレース週末に発行した、黄旗時にタイムを記録する際の注意書きに違反したことが、その理由のひとつとなったようだ。

「ラッセルはスチュワードに、周辺視野でターン7の黄旗を見たとき、それがダブルイエローには見えず、シングルイエローだと信じていたと説明した」

そうスチュワードは報告書に記した。

「彼は前のラップよりわずかに早くリフト(アクセルオフ)したが、彼の速度は前の周よりも”大幅に”遅くはなかった。彼は自分がクルマをコントロールしていて、必要に応じて回避行動をとることができたと説明したが、彼は速いラップを走っている時と同じような速度だった」

「スチュワードはチームの無線をレビューし、チームが彼に黄旗が出ていることを警告していたことに気づいた。彼らはそれが、ダブルイエローであることを明言していなかった。さらに彼らは、レースディレクターの注意書きに従い、彼にラップを中止する必要があるとアドバイスしなかった。彼は意味のあるラップタイムを記録できなかったはずだが、実際にそのラップは彼にとってQ1最速ラップとなった」

「レースディレクターのメモの目的は、安全上の理由から旗のシグナルに従う必要性が極めて高いことを強調することだ」

「スチュワードはあらゆる緩和要素を調査したが、最終的には非常に危険な状況でダブルイエローが出ていたことを確認し、5グリッド降格ペナルティとペナルティポイント3を与えた」

ラッセルにとって、これがこの12ヵ月間で初のペナルティポイントとなる。

Read Also:

  • メルセデスと1秒差……レッドブルのフェルスタッペン「決勝ではできる限りのことを」
  • F1メカ解説|高速シルバーストン2連戦。ピットレーン直送便
  • F1復帰は突然に……ヒュルケンベルグの代役出場、その舞台裏を完全解明

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件