「株式会社TOKIO」代表はジュリー氏で城島茂に“実権”なし! 『ザ! 鉄腕!DASH!!』も若手ジャニタレに乗っ取らる?

lifestyle

来年3月いっぱいでTOKIO・長瀬智也がジャニーズ事務所を退所することに伴い、同4月1日付で、残された城島茂、国分太一、松岡昌宏の3人が、関連会社「株式会社TOKIO」を設立して独立することは周知の通りだろう。

新会社の社長にはリーダーの城島が就任し、国分と松岡は副社長職を務めるというが、早くも、この会社の“実態”が見えてきた。

「『株式会社TOKIO』はすでに法人登記済みで、本店所在地はジャニーズ事務所と同じ。資本は同社から出ており、“代表取締役”は同社社長の藤島ジュリー景子氏。城島、国分、松岡の3人は取締役に名を連ねていますが、城島には代表権がないので社長としての実権はなく、お飾りです。独立すると言っても、実権をもっているのはジュリー氏なんですから、好き勝手はできません。逆を言えば、ジュリー氏も立場上会社を潰すわけにもいかないでしょうから、『株式会社TOKIO』は、ある意味安泰ですね」(スポーツ紙記者)

ジャニーズで、ひとつのグループが子会社を設立して独立する形を取るのは初めてのケースになるが、どんなメリットがあるのか?

「長瀬が去り、最年少となる松岡でさえ43歳。国分は9月で46歳、城島は11月で50歳の大台に乗ります。アイドルグループというのは、もう無理がある。ジャニーズ内では、若手の積極的な育成・登用との方針がありますから、早い話、ロートルのTOKIOは追い出されたようなもの。言ってみたら、老人ホーム。独立するんですから稼ぎがなければ、当然給料も今までよりダウンするはずです」(同) 人気者の長瀬が脱退するとなれば彼らにとって、象徴的な番組である『ザ! 鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)が継続するかは不透明。続いたとしても、若手ジャニタレの積極起用で乗っ取られてしまいかねない。

俳優として、需要がある松岡はともかく、城島や国分の仕事が増加するかははなはだ疑問だ。3人にとって、「株式会社TOKIO」は厳しい船出になりそうだが、新たな分野で仕事を開拓して、「独立は成功だった」と言われるようになってほしいものだ。

最終更新:2020/08/02 11:00

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件