安心感や元気を与えてくれる「色の力」とは? ファッションに生かす色彩心理学

lifestyle

去年とは全く変わってしまった日常。不安や疲れが溜まっていると感じたら、「色」を味方に気分を変えてみませんか? 実はなにげなく選んでいる色が、イメージや感情に作用し、自律神経にも働きかけているんです。

国や個人の経験により多少変化があるものの、色による効果を論理的にまとめたのが「色彩心理学」です。元気にしてくれる「色の力」をファッションでも活用してみてくださいね♪

不安感を取りたい、気持を落ち着かせたい →【グリーン系】

「グリーン」は、平和や調和をイメージして心の安定をもたらすカラー♡

抱えている不安な気持ちを和らげる効果が期待できる色が「グリーン」。通勤やお買いものなど外出に不安を感じたら、トレンドのミントグリーンを取り入れるのがおすすめ。シアーシャツやスカート、ワンピースなどでオシャレを楽しみながら、安心感も連れて行きましょう。

暑さが気になるとき、冷静な判断をしたい →【ブルー系】

「ブルー」には知的・冷静なイメージがあるほか、体感温度にも作用します♡

「ブルー」は知的なイメージを与え、着用している本人も冷静になれる心理的効果があります。また寒色系であるブルーは、体感温度を実際より低くすることも実証されているんです。今年の夏はマスクでより暑く感じそう。そんな時こそ、爽やかなブルーをセレクトしてみましょう。

気持ちが落ち込む、疲れているから癒されたい →【ピンク系】

「ピンク」の効果はハンカチやポーチなど小物からでも得られます。 使うたびに癒されますよ♡

色彩心理学において「ピンク」は愛情・幸福をイメージし、癒し効果が期待できます。気を遣う生活に疲れたら、ピンクのトップスやワンピースを選んで緊張感をほぐして。心が和らぐのはもちろん、相手もほっこりとした気持ちになりますよ。

明るく元気になりたい →【レッド&イエロー系】

「レッド・イエロー」には、気持ちを明るく前向きにしてくれる効果があります♡

「ついついネガティブになりがち」と感じたら、レッドやイエローに頼って! 交感神経を優位に立たせポジティヴな感情を呼び起こすため、活動的にしてくれる効果が期待できます。前向きな気持ちになりたい時はレッドを、イエローなら気持ちを明るくしてくれるはずです。

美大デザイン科を卒業後、アパレルデザイナー、ファッションプランナーとして15年勤める。また一方アロマテラピーに興味を持ちアロマテラピーインストラクター、アロマセラピストの資格を取得。その後、心と体の健康や美容についての講座を開き講師として10年ほど活動しています。 現在アパレルデザイナーとアロマテラピー講師の経験を活かしてファッション記事のキュレーターと美容・健康記事のライターをしています。

最新記事 by ロザリンダ

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件