張本勲氏、コロナ感染のSB・長谷川に苦言し物議 「振り返れば何かある」

lifestyle

(写真提供:JP News)

2日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏が新型コロナウイルスの感染が発覚した福岡ソフトバンクホークス・長谷川勇也選手に苦言を呈した。

■長谷川選手がコロナに感染

番組では福岡ソフトバンクホークスの長谷川選手が、新型コロナウイルスに感染したニュースを紹介。元同僚の野球解説者・斉藤和巳氏は「彼は外に出歩いたりするタイプではなく、ただただ野球を黙々とやる選手。そういう選手でもコロナに感染してしまうことに怖さを感じる」と話す。

司会の関口宏も「咎められるようなことをしなくたって、コロナはもういつどこで移ったっておかしくないんだよね」とコメント。

斉藤氏も「一歩外に出るだけでもリスクになってしまうので、気をつけても…」「見えない敵っていうところが、どうしたらっていいのかっていうところですね、ホント」と困惑する。

関連記事:張本勲氏、コロナ疑いの巨人選手に苦言 「振り返ったらどっかで何かしてる」

■張本氏が苦言

関口からコメントを求められた張本氏は、「各球団やってるんだけどもね。やっぱり個人個人が注意する以外ないじゃないですか。振り返ったらね何かあるんですよ。私は厳しいようだけどね、個人個人が注意しないとこれ拡大しますよ」と厳しい見方を示す。

そのうえで、「こんな出漬けの私でもね、外一歩も出ないんだから、ちょっと散歩行くくらいでね。それくらい怖がってやらないと治りませんよ、拡大しますよ。心配してます」と、苦言を呈した。

■発言に物議

長谷川選手に「振り返ったら何かある」とした張本氏だが、福岡ソフトバンク球団が公式サイトで発表した発症前48時間の行動履歴では2軍練習施設と自宅の往復のみで、それ以外の外出はしていないとされている。

それだけに「何かある」とコメントしたことについて「決めつけないでほしい」「注意だけではコロナを防げない段階に来ている」「この時期に野球選手が遊び歩けるわけがない」と否定的な声が噴出。

また、「選手は練習もあるし、試合もしなければいけない」「張本さんみたいな大金持ちは家にいても食えるだろうけど、現役選手や一般人は仕事しなければいけない」「一歩外に出ない生活なんて現実的無理」と批判が相次ぐ。

さらに「コロナに感染した人を責めないでほしい」「コロナよりこういう人が怖い」という声も。一方で「張本さんの言ってることも正しい」「間違ったことは言ってない」と擁護する声も出た。

■注意しても感染するコロナ

個人個人が注意し対策を講じることは重要だが、それでも感染してしまう新型コロナウイルス。張本氏に限らず、感染者を批判し、叩くような風潮が広がっているのは、非常に残念だ。

・合わせて読みたい→張本勲氏、6月開幕目標のNPBに反対 「コロナと共存すべき」の声も

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件