指原莉乃、小倉優香の降板直訴に「必要とされてない雰囲気感じたのでは」と推測

lifestyle

タレントの指原莉乃は2日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、モデルの小倉優香がラジオの深夜番組の生放送中に降板を直訴した騒動について、「必要とされてない雰囲気あるじゃないですか」と述べ、小倉自身が番組に不要と感じたのではないかと推測した。

小倉は7月29日深夜の『アッパレやってまーす!水曜日』(MBSラジオ)の終了間際、「朝早く起きて夜早く寝るっていう生活をしていて、ちょっとラジオがつらくなったので『辞めたい』と事務所に言ったんですけど、3、4ヵ月話してくれないので、ここで言います。辞めさせてください」と爆弾発言。これに対し、ケンドーコバヤシが「それは事務所の方に言ってください。我々には何の権限もないので。倍返しやね、それが」と応じていた。

指原は「番組側もそこまで言われてまで出て欲しくないだろうし、お互い良かったんじゃないですか」と指摘した。多忙な生活を送っている指原自身も同様のことをするか問われると、「私するわけないじゃないですか、こんなこと」と全面否定、「寝なくていいです」と体力にも自信を示した。

さらに、「彼女もきっと、芸能界の仕事要らないという覚悟で言ってませんか。じゃないとこんなこと言えないと思う」と話した。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件