ジャニーズWEST、6年3ヶ月ぶりに7人揃って大阪松竹座で凱旋公演

lifestyle

ジャニーズWESTが8月1日、大阪松竹座で一夜限りのスペシャルライブ「Johnny’s DREAM IsLAND 2020→2025 ~大好きなこの街から~」を生配信で開催した。

7月28日を「なにわの日」として、関ジャニ∞、ジャニーズWEST、関西ジャニーズJr.ら、関西ジャニーズ総勢73名が、地元関西を象徴する太陽の広場に集結。2時間に及ぶ無観客ライブを、オンラインで有料生配信するという、初の試みを成功させていた。このスペシャルライブを皮切りに、関西ジャニーズグループが大阪松竹座で、単独ライブを無観客、生配信。ジャニーズWESTがそのトップバッターを務めた。

なお、ジャニーズWESTが7人揃って同会場で凱旋公演するのは6年3ヶ月ぶりのこと。公演では約1時間40分で全19曲が披露された。

メンバーの 重岡大毅は、「松竹座という劇場は、僕たちが10代から20代にかけて、お世話になっていた劇場です」とし、「僕たちは、歌、ダンス、お芝居、バラエティ、全てのエンターテインメントの一歩目をこの松竹座で踏みだし、その道の過酷さ、苦しさ、夢、感動など全てを感じながら、歩き続けてきました。大人になった今になって思うことは、僕たちの『青春』というものは、松竹座に有ります」と松竹座と自身らの歴史について語っている。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件