和田アキ子、感染症専門家への質問に絶賛の嵐 「それ!」「聞きたかった」

lifestyle

2日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、再拡大している新型コロナウイルスが大きなテーマに。番組専門家である長野保健医療大学の特任教授・北村義浩氏への和田アキ子の質問が、ネット上で話題になっている。

■都の感染者は増え続ける?

全国各地で過去最多の新規感染者数を更新し続けている新型コロナウイルス。とくに東京都では、1日で100人近く増える日があったりと、深刻な状況だ。専門家の北村氏も、明日以降の都の新規感染者の動向について「分からない」と、予想外の波の大きさにお手上げの様子。

当初は、都から地方へと感染経路が移っていくイメージを浮かべていたようだが、最近では各地で感染者が増えたことで、地方から首都圏へという感染の流れもあるといい、本当に分からない状態のようだ。

関連記事:東京の新規感染者は来週以降減る? 『アッコにおまかせ』の解説に安堵の声も

■「どうしたらいいんですか」

こうした状況を受け和田は、「毎日のように各局が報じる。色んな方が解説してくれます。小池さんも毎日のようにお出になって、菅さんも毎日のように発表されますが、いやだから何をしたらいいの、ってことが何もないんですよ」と不満爆発。

「感染者増えてます。でも検査も増えてます。Go To トラベル行きましょう、かたやステイホーム、テレワーク。出ろ、出るな」と語気を強め、「どうしたらいいんですか」と迫る。

これを受け北村氏は「基本的には、手洗いやアルコールの消毒…」と、とにかく個人の意識を高めていくしかないことを示唆した。

■「思ってたことを…」

和田のコメントを受け、ネット上には「本当にそれ! 結局どうしたらいいのって話」「思ってたことを全て言葉にしてくれた」と絶賛の声が。

また国や自治体の対応については、「いろんな情報を伝えてくれるのはありがたいけど、具体的なことが何ひとつ分からない」「未曾有すぎて国もパニックなんだと思う」とさまざまなコメントが見られた。

■政府の対応に疑問?

4月に最初の波が起きたときから、節々に聞く政府の対応への不満。近ごろでは、布マスクの再配布やGo To トラベルなどの施策にも不満の声が集まっていた。

しらべぇ編集部が全国の10~60代の男女1,880名を対象に調査を実施したところ、全体の70.6%の人が「政府の新型コロナウイルス対応について疑問を感じている」と回答する結果に。

収束に向かう気配を見せず、政府も対応に苦慮、専門家も分析しきれないこの状況。北村氏の言うとおり、うがいや手洗いを忘れないなど、やはり一人ひとりが、どれだけ意識できるかにかかっているのかもしれない。

・合わせて読みたい→カンニング竹山、複数のコロナ感染者から気づいた共通点を告白 「怖い…」と騒然

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2020年4月24日~2020年4月27日

対象:全国10代~60代の男女1,880名 (有効回答数)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件