MotoGPチェコFP2:クアルタラロがトップ奪還。ペトロナス・ヤマハがワンツー

sport

MotoGP第4戦チェコGPのフリー走行2回目が行なわれ、2連勝中のファビオ・クアルタラロがトップタイムをマークした。

MotoGP第4戦チェコGPのフリー走行2回目がブルノ・サーキットで行なわれ、ペトロナス・ヤマハSRTのファビオ・クアルタラロがトップタイムを記録した。

スペインの灼熱ヘレス・サーキットからチェコへと舞台を写したMotoGP。気温30℃、路面温度44℃とヘレス戦より多少マシなものの、暑さの厳しいコンディションでFP2が行なわれた。

なおFP1終盤に転倒したフランチェスコ・バニャイヤ(プラマック)は検査のため病院へ搬送されたため、FP2は不参加となった。

セッション序盤から、FP1では控えめなタイムに留まっていたファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)が好ペース。1分57秒564でトップタイムとした。

同じ頃、アレックス・マルケス(レプソル・ホンダ)にはトラブルが発生。マシンをスローダウンさせてコース外に止めると、マルケスは単身帰還した。

FP2は各ライダーが序盤から積極的にタイムを出しにいき、ジョアン・ミル(スズキ)、クアルタラロ、ポル・エスパルガロ(KTM)がセッション前半のトップ3に並んだ。

クアルタラロはFP1から大きくペースアップしたものの、ピットでは納得がいかない様子で、不満を表していた。

セッションも折り返しとなるころ、マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)が1分57秒570を記録して3番手まで浮上した。チームメイトのバレンティーノ・ロッシも徐々に走りをまとめつつあるのか、9番手にポジションを上げた。

残り時間も15分を切ると、多くのライダーが一度ピットイン。終盤のタイムアタックへと備えた。

そして各ライダーがアタックへ。するとフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)がいきなり1分56秒509と好タイムをマーク。大幅にトップタイムを更新した。

残り5分、FP1でトップタイムだった中上貴晶(LCRホンダ)もタイムをあげ2番手につけるが、1分57秒411とモルビデリとのギャップは大きかった。

さらに他のライダーも続々とタイムを上げ、2番手以下にミゲル・オリベイラ(テック3・KTM)、ヨハン・ザルコ(アビンティア)、ビニャーレスと並んだ。その裏で中上も自己ベストを更新するものの、8番手に留まった。

そしてチェッカーが出された後の最終ラップでは、下位に埋もれていたクアルタラロが1分56秒502をマークしてトップタイムを更新。ペトロナス・ヤマハSRTがワンツーでセッション終了となった。また3番手にはテック3・KTMのオリベイラが並ぶなど、サテライトチームが速さを見せたセッションだった。

また、FP1でトップタイムとなった中上は、最終的に9番手タイムでFP2を終えている。

このセッションで不調だったのはドゥカティファクトリー勢。ペトルッチが14番手、ドヴィツィオーゾが15番手と中盤に埋もれてしまう結果だった。一方でドゥカティ1年目のザルコは4番手と好結果を残した。

Read Also:

タイトルを考えるのはまだ早い? 連勝クアルタラロ「以前と同じように取り組む」骨折マルケス、プレート破損は「家で窓を開けたとき」とチームマネージャーが明かすエスパルガロ弟「ランキング5番手はサプライズ!」KTM好調は“チーム力”の賜物?KTMから移籍で”ドゥカティスタイル”学習中。ザルコ「課題はロングラン」『MotoGPが変わった日』──マルク・マルケス、時代と記録を変えた男順位ライダー周回数タイム差前車との差平均速度
1 ファビオ クアルタラロ 15 1'56.502 166.956
2 フランコ モルビデリ 18 1'56.509 0.007 0.007 166.946
3 ミゲル オリベイラ 17 1'56.550 0.048 0.041 166.888
4 ヨハン ザルコ 18 1'56.583 0.081 0.033 166.840
5 マーベリック ビニャーレス 17 1'56.668 0.166 0.085 166.719
6 ジョアン ミル 16 1'56.876 0.374 0.208 166.422
7 アレイシ エスパルガロ 15 1'57.041 0.539 0.165 166.187
8 ポル エスパルガロ 13 1'57.059 0.557 0.018 166.162
9 中上 貴晶 18 1'57.073 0.571 0.014 166.142
10 ジャック ミラー 17 1'57.109 0.607 0.036 166.091
フルリザルトを見る

関連記事

最新ニュース20件