10代の男性2名が溺死 川で溺れた5歳女児の救出を試みて力尽き…

lifestyle

(toncd32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

川で楽しく遊んでいた女の子が、いきなり溺れるアクシデントが発生。慌てた人々が救出に力を尽くし女の子を救うも、その過程で2名が溺れて死亡した。危険を伴う川での遊び。現地警察も注意を呼びかけている。

■川で溺れた女児

米国・テキサス州リバティー郡にある川で遊んでいた女の子(5)が、いきなり溺れて騒ぎ始めた。

18歳の男性と義理の兄オスマン・バウアさん、さらに17歳の男性が同じ川で釣りを楽しんでいたが、女の子がもがき苦しむ様子を見て愕然。「一刻も早く救わなくては…」と考えた3人は、川に入り女の子のもとに急ごうとしたが、川はひどく荒れており、想像通りにはいかなかった。

関連記事:河川氾濫が相次ぐ九州 報道番組の映像に「川行く人増えそう」と疑問の声

■困難を極めた救出活動

女の子の父親(25)も川にいたことから救出を試みたが、目的を果たせぬまま途中で負傷。現場に急行したヘリコプターに乗せられ、病院に運ばれた。

一方バウアさんらは、荒れる川の中で救出活動を続行。バウアさんが小さな体を掴むことにようやく成功し、必死に岸まで引っ張ったという。その間に残る男性2名は溺れてしまい、「助けて」と声を上げていたというが、バウアさんには再び川に入り、救出を試みる体力が残っていなかった。

■無念の死

その後の捜索活動で、溺死した男性2名の遺体が見つかり引き上げられた。

バウアさんの義弟にあたる18歳の男性は、子供が生まれたばかりだったという。バウアさんはメディアの取材に応じ「溺れる女児と自分の娘の姿が重なったのでしょう」と述べ、「ホームレスを見かけると、少額とはいえお金を差し出す心優しい男でした」「レンガ職人として頑張って働いていたのに…」とも付け加えた。

女の子の父親が今どのような状態なのかについては、現時点では公表されていない。

■警察のコメント

ちなみにこの川では、過去にも何度か事故が起きているとのこと。

警察は「常々この川では泳がないよう人々に注意してきました」「水面は穏やかでも水中は流れがありますし、深い地点もある」とコメントし、「泳がないよう注意を喚起する看板を立てても、勝手に壊されてしまうのです」などとも明かした。

勝手な人々のせいで、危険だとは知らず川に入り溺れてしまった女の子。幸いにもそちらは助かったが、救おうとした若者2名が犠牲になってしまった。

・合わせて読みたい→川に身を投げた飼い主を待ち続けた犬 橋から離れようとしない姿に人々が涙

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原)

関連記事

最新ニュース20件