子どもの健康世界一の日本、その秘密は学校のアレにあり!=中国メディア

news

中国では子どもが体を冷やさないように特に冬などは厚着をして外出させる。中国人が日本の子供が冬でもスカートをはいていたり、薄着をしているのに子供の健康状態が良い、ということに衝撃を受けるという。しかも、日本は子どもの肥満率が少なく健康レベルが世界でトップレベル。「日本の子どもはなぜこんなに健康なのか」と中国メディアの百度が11日付の記事で問いかけ、その理由は「学校給食にある」と説明している。

というのも、中国では学校に食堂があってもそのレベルは高くない。記事のコメントにも「大学の食堂でゴキブリや髪の毛が食事に入っているのはしょっちゅう」とあった。さらに、「中国では学校の食堂の食事は下痢をしなければましなほうというレベル」との述べ、子どもをもつ親たちからの学校の食堂への心配の声が上がっているようだ。

記事は、日本の子供たちの健康状態に大きく貢献している日本の学校給食のどこがそれほどすごいのかを紹介している。

まず、給食は栄養士と調理師による徹底した栄養管理が行われている。さらに、給食の献立は毎月事前に発表されているため、各家庭では食事が学校の給食と重複しないように工夫できる。さらに、給食センターの衛生環境も見逃せない。給食に携わる職員たちも定期的に健康状態を報告しなければならず、白衣を着て調理にあたる。

給食は、清潔、かつ、広々とした厨房で、プロにより調理されている。食材も吟味されている。健康的で栄養価の高い食材が選ばれており、衛生に配慮して保管されている。最後は、子どもの食育。給食を通して、子どもたちは健康的な食事とは何かを学べる。また食事の後の手洗い、食事のあとの片付けも含め、すべてが子供の健康管理に役立つ知識を学ぶ場になっているのだ。

こうした分析のまとめとして、記事は「この日本の学校給食を中国も一つ一つ真似すべき」と述べ、日本の学校給食制度を参考に具体的な改善策を述べている。結論として記事は、「学校は日本に見倣い食事のレベルを、衛生面、栄養面で上げるべき」と述べている。(編集担当:時田瑞樹)(イメージ写真提供:123RF)

タグ: ニュース

関連記事

最新ニュース20件