観賞魚の養殖で村民を豊かに 遼寧省鞍山市

news

4日、水槽の観賞魚を観察する張忠堡村の村民。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)

【新華社鞍山8月13日】中国遼寧省鞍山市の寧遠街道張忠堡村ではここ数年、多くの村民が観賞魚の養殖に乗り出している。地元では「協会+合作社(協同組合)+農家」というモデルを採用し、鞍山三台子観賞魚交易センターをプラットフォームに、養殖した鑑賞魚を遼寧、吉林、黒竜江の東北三省および河北省や内モンゴル自治区、天津市などへ販売している。小さな観賞魚は今や、村民に富をもたらす重要な手立てとなっている。

4日、張忠堡村の村民が養殖している観賞魚。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)

4日、水槽の稚魚を仕分ける張忠堡村の村民。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)

4日、観賞魚の養殖槽で魚をすくう張忠堡村の村民。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)

4日、張忠堡村の村民が養殖している観賞魚。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)

4日、張忠堡村の村民から観賞魚を購入したバイヤー。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)

4日、張忠堡村の養殖槽に設置された観賞魚の繁殖籠。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)

4日、張忠堡村の村民が養殖している観賞魚。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)

4日、繁殖籠の中で育てている観賞魚の産卵の様子を観察する張忠堡村の村民。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)

4日、張忠堡村の村民が養殖している観賞魚。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)

タグ: 新華通信社

関連記事

最新ニュース20件