Twitterで大人気の鯖缶レビューキャラ「サバ子」 その実力を確かめてみた

lifestyle

お酒のおつまみにも、ご飯のおともにもピッタリの缶詰といえば、やはり鯖缶は外せない。マルハニチロやニッスイをはじめとした有名メーカーから地元メーカーまで、その種類はさまざまだ。

そんなたくさんあってどれにしようか迷ってしまう鯖缶を選ぶ際に、最近鯖缶ファンたちのあいだで注目されているのが、Twitterでストイックに鯖缶をレビューするキャラ・サバ子である。

画像をもっと見る

■鯖缶ファンなら気になるサバ子

記者も鯖缶ファンのひとりとしてサバ子のレビューは参考にしようと思っていたのだが、気になるのはサバ子が試食したレビューの点数が物によってかなり差があること。

鯖缶ファンだが鯖缶の味についてはそこまで考えていなかったので、今回はサバ子のレビューがどれだけ正確なのか、3つの点数が違う鯖缶を買って確かめることにした。

関連記事:火事と見間違う弁当屋『鯖の助』 激ウマすぎて涙が溢れるレベルだった…

■違う点数のものを購入

今回購入したのは、超高得点の90点台を叩き出したマルハニチロのプレミアム鯖缶・月花と、85点と高得点の伊藤食品・美味しい鯖水煮、それに45点とやや微妙な点数だったノルレェイク・さばの水煮の3点。

値段としてはノルレェイクの鯖缶はほか2つより100円強安かったが、気になるのは味である。さっそく3つ食べ比べてみると…

■王者の風格・月花

まず食べた月花は、さすが大企業のプレミアム鯖缶というだけあり、鯖の脂ののり具合は最高、それに天日塩のバランスもほどよく、食べ応えもあり大満足! 95点は間違いない数字だと感じた。

マルハニチロ「月花 さば水煮」

王道な銘柄かとは思いますが、やっぱりお気に入りの銘柄なのでここから始めたいと思います。やっぱり細かい値上げを何度もしてるみたいですね pic.twitter.com/wB0ZwVz6W6

— サバ子 (@sabasaba_mizuni) May 7, 2020

サバ子のTwitterを見返すと、値段分マイナス5点してあるようだが、実質100点のようだ。確かに値段がもう少し安ければベストだが、この月花には、鯖缶界の王者の風格を感じた。

■安価なノルレェイクは…

お次のノルレェイクの鯖缶は、45点と控えめな点数だが、月花の次に食べるとその違いははっきりと分かった。確かにサバ子のレビューのとおり、脂の量が物凄く少ないのでぱさっとしているのである。

ノルレェイク「さばの水煮」

二度目の登場のノルレェイクです。今回は中価格帯ですが前回(二十一回)のものと大差なく… pic.twitter.com/dBKBWJ6oKc

— サバ子 (@sabasaba_mizuni) June 20, 2020

けっしてまずくはないのだが、確かにサバ子の言うとおり全体の印象が薄く、単体で食べるよりも料理の材料として使うほうが良いと感じた。このレビューも物凄く正確だ。

■大トロのような伊藤食品

3つめの伊藤商店の鯖缶は、月花にかなり近い見た目。味はかなり濃厚で、月花が中トロだとしたらこちらは大トロ。月花よりもややワイルドな味わいに感じたが、これは好みの問題かもしれない。

伊藤食品「美味しい 鯖水煮」

沖縄の塩シママース使用。250円という中価格帯です。脂分が多めで濃厚な味わいです。 pic.twitter.com/okhGwhBmxo

— サバ子 (@sabasaba_mizuni) May 11, 2020

サバ子もクドいかもと書いていたが、確かにアクセントとしては良く、鯖缶の特徴として成立していた。85点も納得の味わいである。

■鯖缶好きならサバ子をチェック

食べ比べてみると、その違いがハッキリとわかる鯖缶。サバ子のちょっと辛口でで忖度のないレビューは人気を呼ぶのもうなずける正確さであった。

とくに値段抜きなら100点というマルハニチロの月花は、鯖缶好きなら絶対一度は食べてみてほしい味。気になる人はサバ子も月花も、ぜひチェックしてみよう。

・合わせて読みたい→『ダウンタウンなう』小峠英二、コロナ禍で番組に引っ張りだこな理由は…

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男)

関連記事

最新ニュース20件