ボウルやザルのようにも使える、Joseph Josephの変形するまな板

news

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ROOMIEからの転載

毎日が忙しい日々の中、料理の手間を少しでも省きたいという人は少なくないのではないでしょうか? 仕事から帰ったあとの炊事って、ひと苦労ですよね。

できるだけ工程を簡素にし、洗い物も減らせれば、負担はかなり軽減されると思います。

そこで今回は、変形して多様な使い方ができる、Joseph Joseph(ジョセフジョセフ)の「まな板」2種をご紹介します。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

切った食材をこぼさない

チョップ2ポット プラス」は、ガイドに沿って形が変形するまな板です。両サイドが折り曲がって壁になってくれるので、切った食材をこぼさずに移動できるようになります。

サイズは38cm×21cm×1.5cmと取り回ししやすいサイズ感なので、片手で持ったまま、簡単に鍋やフライパンに食材を移せますね。

普通のまな板の場合、直接切ったものを鍋に流し込もうとしたら、こぼれてしまったことがあるのでは。

でも、「チョップ2ポット プラス」なら、わざわざボウルに移し替える必要もなくなりそうです。

それに、切りくずをゴミ箱に捨てるときも便利そうですよ。

また、変形する特長に目が行きがちですが、まな板としての使いやすさも兼ね備えているようです。底面や持ち手にはすべり止めが付いているので、食材を切っている最中にツルツルと滑る心配もなさそう。

Amazonのレビューには、「滑り止めがあって動かないし、包丁の当たりも◎」との評価がありました。

カラーバリエーションは、グリーンホワイトレッドの3種類です。見た目も明るくて、キッチンに置いていると気持ちが上がりそうで良いですね。

1,933円

水切りができるタイプも

リンス&チョップ スモール」は、ボウルのように使えるのはもちろんですが、ザルとしても使用可能な優れものなんです。

折りたたんでロックすると穴の空いた部分が壁になり、水切りができるようになるのだとか。

大抵の食材って、水洗いするときにザルが必要ですよね。これなら、食材を切ったらそのまま洗えるので、手間がひとつ省けます

片付けも楽になりますし、ザルが不要になれば、作業する場所も省スペースにできそう。

こちらも「チョップ2ポット プラス」と同様に、底面や縁にすべり止めが付いていて、まな板の表面はナイフの刃に優しい作りだそうです。

大きさは34cm×20cm×0.5cmというコンパクトなサイズで、260gと軽量なので、アウトドアに持って行くのもアリかもしれません。

ちなみに、カラーバリエーションは、グリーンホワイトの2種類です。

2,200円

料理の時間が効率的に時短になりそう

一時的に食材を入れておいたり、水洗いしたりするためだけに使ったボウルやザルでも、使用したあとは洗わなくてはいけません。

それに、ボウルやザルは意外とスペースを取るので作業中に場所をずらすだけでも面倒だと思います。

今回ご紹介した「変形するまな板」なら、それらが不要になって、小さなストレスがなくなりそう。料理をするのがちょっと楽しくなるのではないでしょうか。

関連記事

最新ニュース20件