都会のオアシス! 豊かな緑を望む大阪のレストラン&カフェ3選

lifestyle

梅雨が明けるとやってくる本格的な夏。暑い日が続くと、ちょっとでも涼しい気分に浸りたくなるもの。そんなときに、涼やかな木立の緑を眺めていると、暑さが和らいだように感じられますよね。今回は、ホッとひと息つけるような緑豊かなレストラン&カフェをご紹介します。

「The LOAF Café」

豊中市の国道176号線沿いにある、緑あふれるガーデンテラスが気持ちいいカフェレストラン「The LOAF Café」。1階のベーカリー&スイーツショップ「LOAF Bakery」で焼き上げた自家製パンと合うフランス&イタリア料理を提供しています。

自家焙煎のコーヒーや特製ジュースなどのドリンクとスイーツは、カフェタイムにも楽しめます。ランチタイムは焼きたてパンが食べ放題なのも嬉しいですね。

敷地内は、遊び心あふれる空間になっていて、約100席ある広々としたガーデンテラスではBBQが、2階のピンポンエリアでは卓球ができるので、みんなでワイワイと盛り上がりたいときにおすすめです。

「AOI NAPOLI IN THE PARK」

「AOI NAPOLI IN THE PARK」は、天王寺公園のエントランスエリア「てんしば」にあるピッツェリア&トラットリア。ナポリ製薪窯の強い火力で、一気に焼き上げた本格的なナポリピッツァの、外はカリカリ、中はモチモチとした食感がたまりません。そのほかに、野菜や魚介をたっぷり使ったイタリアンやスイーツなどのカフェメニューも充実しています。

天井高8.7mもの吹き抜けが印象的な店内は、大きな窓から太陽の光がたっぷりと降り注ぐ開放的で明るい空間。「てんしば」の緑を望むテラスでは、BBQも楽しめます。また、持ち帰りも可能なので、テイクアウトして目の前に広がる約7000平米の芝生広場で、美味しい料理をいただくのもいいですね。

「レストラン リュクセレ」

大阪城の北に位置する、太閤園内にあるフレンチレストラン「リュクセレ」。太閤園は、明治末期に藤田財閥の創始者藤田傳三郎氏が築造した御殿をルーツに持つ迎賓館です。「リュクセレ」では、太閤園の中にある、大川から水を引き入れた川や池を備え、歴史ある石塔や灯籠などが絶妙に配置された築山式回遊庭園を眺めながら、3種類のコースのほか、季節限定のコースなどで極上フレンチを堪能できます。

夜になると庭園がライトアップされ、幻想的な雰囲気に。窓側に設けられたペアシートで、食事を楽しめば、いやが上にもロマンチックな気分が高まります。ラグジュアリー感あふれる空間で、優雅なひとときを過ごしてみては。

おわりに

大阪都心部に近いながらも、緑が涼を運んできてくれるカフェやレストランをご紹介しました。ジットリと汗ばむ季節には、緑に囲まれたさわやかな環境で、のんびりと寛ぎ夏の疲れを癒してください。

タグ: 旅色プラス

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件