小泉進次郎が「靖国参拝」したのは父親と同じ右派支持狙いの戦略か! 萩生田、衛藤ら極右の参拝よりも深刻な影響

lifestyle

戦後75年の節目となる、今年の終戦の日。靖国神社に、安倍内閣の閣僚が4人も訪れた。参拝した閣僚は、高市早苗総務相、萩生田光一文科相、小泉進次郎環境相、衛藤晟一沖縄北方相。ほかにも、稲田朋美元防衛相、下村博文元文科相など、安倍首相の側近らが訪れている。

いまさら説明するまでもないが、靖国神社は、明治維新の官軍や旧日本軍の戦没者を“英霊”と称して祀り、戦意高揚を煽るためにつくられた神社。国家神道の中心として侵略戦争を正当化した装置であり、戦後も、帝国主義や軍国主義を賛美する歴史修正主義の根源のひとつだ。1978年にはA級戦犯の合祀が強行されており、まさに軍国主義時代の日本を全面肯定する場所といっていいだろう。

海外からは当然、厳しい目を向けられており、昨年もイギリス「タイムズ」紙が「日本の過去の植民地支配と侵略戦争を賛美する場所」「攻撃的なナショナリズムの培養器」とし、戦争犯罪をなかったことにする歴史修正的展示についても強く批判していた。

そんな歴史否認と軍国主義の象徴の場に、複数の現役閣僚が参拝に訪れたのである。安倍政権の靖国賛美と侵略戦争美化はいまに始まったことではないが、現役閣僚が終戦の日に参拝するのは、実に4年ぶりのこと。昨年9月、現在の第4次安倍再改造内閣が発足した際、本サイトは“史上最悪の極右内閣”と評したが、まさにその体質がむき出しになったということだろう。

実際、参拝した閣僚の顔ぶれを見ると、そのほとんどが戦前回帰や人権否定、レイシズム肯定を叫ぶ、極右政治家だ。

たとえば、その筆頭が衛藤晟一・北方沖縄担当相だろう。そもそも衛藤氏は、学生時代には当時「大日本帝国憲法復元」を主張していた宗教団体・生長の家の活動家で、日本青年協議会の委員長を務めるなど、日本会議をその前身から支えてきた。政界入り後は、安倍氏を弟分として可愛がり、まさに“右派の家庭教師”として極右イデオロギーのイロハを叩き込んだとされる。

実際、若手時代には安倍氏らとともに「歴史・検討委員会」に参加。この委員会は、のちに「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」(教科書議連)に発展し、自民党内で慰安婦問題の否定など歴史修正主義の中心的役割を担ってきた。

日本会議国会議員懇談会の幹事長をつとめ、選挙でも日本会議の支援を受けている衛藤氏は、いわば、日本会議と現政権の“直接的窓口”だ。

●萩生田光一文科相の議員会館事務所には教育勅語の大きな掛け軸

文科大臣という教育や宗教を所管する立場にありながら、靖国参拝した萩生田光一文科相も、この衛藤・北方沖縄担当相に比肩する戦前回帰的なゴリゴリの極右だ。2014年10月にはBS番組で、河野談話について「もはや役割は終わった。骨抜きになっていけばいい」と発言するなど、歴史修正をむき出しにしてきた。

性差別もひどい。萩生田氏は2007年に、男女平等を否定し、“女は家の中にいろ”という前時代的価値観を主張する日本会議の設立10周年大会にメッセージを送り、〈入会直後直面した、「行き過ぎたジェンダーフリー教育、過激な性教育」対策では日本会議の識者の先生方の後押しもいただき、党内でも問題を喚起し、ジェンダーの暴走をくい止め、正しい男女共同参画社会へと路線を変更する事ができました〉などと、連携を強調した。

しかも、萩生田氏の最大の罪は、こうした戦前回帰極右思想を教育の現場に押し付けようとしてきたことだ。2013年、安倍首相の「(現行の教科書検定基準には)伝統、文化の尊重や愛国心、郷土愛について書き込んだ改正教育基本法の精神が生かされていない」という発言を受け、自民党の「教科書検定の在り方特別部会」の主査に就任したが、同部会は「自虐史観に立つなど、多くの教科書に問題となる記述がある」と教科書批判を展開。教科書会社の社長や編集責任者を呼び出し、〈南京事件や慰安婦問題、竹島などの領土問題、原発稼働の是非などに関する教科書の記述〉について聞き取りをおこない、「偏っている」と意見するなど、露骨な“圧力”行動に出たこともある。

さらに象徴的なのが、前川喜平・元文科事務次官が改造前日に投稿したツイートだ。

〈やっぱり萩生田文部科学大臣か。ひどいことになるだろう。彼の議員会館の事務職には、教育勅語の大きな掛軸が掛けてあった。〉(原文ママ)

そう。いまの安倍政権では、教育勅語を掲げ、終戦記念日に靖国神社を参拝する人物が文科大臣になっているのである。

高市総務相も、2014年に第2次安倍改造内閣で総務相就任直後に、ネオナチ団体代表との写真を撮っていたことが発覚。また20年ほど前には「説得できない有権者は抹殺するべき」などと書かれたナチス礼賛本に推薦文を寄せたこともある。「先の戦争は侵略戦争ではなかった」「国会デモを取り締まれ」「福島原発事故で誰も死んでいない」などのウルトラタカ派発言を繰り出してきたし、放送を管轄する総務大臣という立場で「国の命令で電波を止めることもありうる」という、剥き出しの圧力発言を口にしている。

●進次郎の靖国参拝に「靖国よりモーリシャスに行け」の批判の一方、ネトウヨからは「よくやった」

もっとも、ここまで名前をあげてきた連中が終戦記念日に靖国神社を参拝したというだけなら、暴挙であるとはいえ、「沈没寸前の安倍内閣のバカ極右の暴走」として片付けることもできただろう。

しかし、見過ごせないのは、小泉進次郎環境相が参拝したことだ。進次郎は、新自由主義、親米タカ派、改憲論者ではあるものの、安倍政権の復古的な極右思想とは距離を置き、その“意識高い系の新世代”的なイメージでその人気を高めてきた。靖国についてはヒラ議員時代にたしかに毎年のように、参拝していたが、それがまさか閣僚になっている今年も、参拝するとは……。

永田町では、これは、父・小泉純一郎元首相を見習ったパフォーマンスではないか、といわれている。

純一郎氏は首相就任直後の2001年、終戦記念日である8月15日の靖国参拝をかなり早くから公言し大騒動になったが(最終的には、8月13日に前倒し参拝)、やはり筋金入りの極右思想の持ち主だったわけでもない。小泉元首相が終戦記念日の靖国参拝に固執したのは、「日本遺族会」などの右派団体と「靖国参拝」を確約することで、総裁選の支持を取り付けていたからだった。

以来、小泉元首相は在任中、毎年のように靖国を参拝し、国際社会から批判を浴びてきたが、在任中、右派からの強固な支持を受け続け、それが政権の安定につながっていた。

進次郎は今回、このやり方を見習ったのではないか、というのだ。圧倒的な国民的人気を誇っていた進次郎氏だが、官邸への結婚報告、安倍内閣での環境相就任、その後のセクシー発言や不倫スキャンダル発覚などで、人気は低下する一方。そこで、かつての父と同じく、右派にすり寄り、その支持を取り付けようと、閣僚でありながらの靖国参拝を強行した──。

実際、「小泉環境相が靖国参拝」というニュースに対して、まともな人たちは「靖国より、モーリシャスに行って重油流出に対応しろ」と批判しているが、一方でネトウヨ連中からは「見直した」「よくやった」「初めてまともな仕事した」などと称賛を集めている。

●進次郎の参拝で歴史的経緯を知らないまま「普通に」参拝に行く動きが加速

浅はかとしか言いようがないが、しかし、進次郎のようなこうした一見極右的でない政治家までが靖国参拝することは、極右の参拝強行よりもはるかに深刻な事態と言っていいだろう。

その参拝によって、靖国の歴史的経緯や軍国主義的役割、政教分離の絶対原則なんて考えもせずに、「戦争で亡くなった人が祀られているから」と「普通に」参拝する人が増えていくことになるからだ。その結果、多くの国民が知らず知らずのうちに、戦前回帰と戦争肯定思想に侵され、逆に「参拝を批判することが悪」「参拝しないことが悪」という同調圧力に転じていく。

小泉環境相は今回の参拝に当たって「参拝がニュースになることがなくなる時代にしなければいけない」などと語っていたが、そんな時代がくるとすれば、それはほとんどの国民が「国家の為に命を捨てるのは当然」という戦前の価値観を共有しているということと同義だ。

もしかすると、この国は進次郎のような政治家によって、戦前回帰をさらに一段階進めることになるのかもしれない。

(編集部)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件