墓地に設置されたカメラに少女の幽霊の姿が!2年前に亡くなった娘の幽霊に違いないと母親が号泣(アメリカ)

lifestyle

元BFに虐待され娘を喪った母親

ニューメキシコ州ドニャアナ郡ラスクルーセスに住むソーンドラ・ゴンザレスさんは、2018年9月6日に最愛の娘ファビオラ・ロドリゲスちゃんをうしなった。

まだ2歳だったファビオラちゃんは、当時ソーンドラさんが交際していた男ラロ・アンソニー・カストリロが世話をしていた最中に不審な死を遂げた。

その後の警察や病院の調査で、ファビオラちゃんの頭や顔、肋骨に痣があったことから、児童虐待容疑でラロは逮捕された。

しかし、裁判は長引き、判決が未だ出ないまま2年の歳月が過ぎ、ソーンドラさん一家は苦しい思いで毎日を過ごしてきた。

そんな時、ファビオラちゃんが埋葬されてあるモサニック墓地で、ファビオラちゃんにそっくりの少女の幽霊が現れたというのだ。

墓地に設置されていた監視カメラがとらえた不思議な光景

ファビオラちゃんが埋葬されているモサニック墓地では、ファビオラちゃんのために供えたおもちゃなどが相次いで盗まれるという悪質な行為が続いており、ソーンドラさんは墓の用務員に厳しい監視をお願いしていた。

この被害は、周りの墓でも起こっており、ジェイムズさんという何者かに殺害された息子の墓を荒らされ供え物を盗まれるという被害にあっていた一家は、墓を監視するカメラを設置していた。

するとある日、その監視カメラに不思議な光景がとらえられていた。真夜中の墓地に、どこかから小さな女の子が現れたのだ。

墓地を歩き回る少女の姿に驚いたジェイムズさんの親族は、その映像を墓の管理員に見せると、「この子なら知っているよ」という返事が返って来た。

そして案内されたのは、なんと、ファビオラちゃんの墓だった。

娘の姿を見た母、号泣

翌日、その一家は再び墓地を訪問し、偶然墓参りに来ていたソーンドラさんとファビオラちゃんの祖母に出会った。

一家はソーンドラさんたちにその映像を見せたところ、彼女の目からは涙が溢れ、「娘に間違いない」と確信したという。

その時の心境を、ソーンドラさんは8月8日付けでFacebookに綴っている。

娘のファビオラは、2年前の9月、まだ2歳の若さで旅立ちました。生きていれば4歳になります。ジェイムズさんの遺族から見せられた映像は、ヘアスタイルや服、サンダルといった何もかも全てが、生きていた娘にそっくりでした。

私は、これは娘だと間違いなく確信しました。

ソーンドラさんは、ファビオラちゃんと思われる小さな女の子が、背の高い男性と連れだって歩いている映像もシェア。

どちらの家にも悲劇が起こり、未だ正しい裁きが降りていません。娘の事件も、4,5回裁判が行われましたが、犯罪者はまだ投獄されていないのです。

この州の法のシステムに対する怒りと憎悪で、苦しむ日々を過ごしています。でも、娘はジェイムズさんを天国へ導くためにお墓に現れたのでしょう。私はそう信じています。

なお、この投稿を見たユーザーらからは、多くの悼みと慰めの言葉がソーンドラさんに寄せられている。

written by Scarlet / edited by parumo

タグ: カラパイア

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件