建設機械を自律運転化するシステムプラットフォーム 日立建機が開発

car

日立建機は8月19日、自律運転建設機械の開発と、機能拡張を容易にするシステムプラットフォーム「ZCORE」(ズィーコア)を開発したと発表した。

ZCOREは機械システムが「認識・判断・実行」できるように、必要なセンサーや情報システムを容易に実装し、協調安全と高度な自律運転の両立を図ったシステムプラットフォーム。

車体に取り付けた複数のセンサーの情報を、通信ネットワークを使って収集し、行動を判断する「情報処理プラットフォーム」と、判断に従って建設機械の油圧機器や動力機器を適切に動かす「車体制御プラットフォーム」で構成する。

ZCOREを活用することで、迅速に自律型建設機械を開発できる。外部環境や建設機械の状態を計測する各種センサーなどを容易に接続できることからニーズに応じて容易に機能拡張できるとしている。

同社では今後、油圧ショベル、ホイールローダ、ダンプトラックなどの自律型建設機械に、ZCOREを適用する。

関連記事

最新ニュース20件