小中高生対象「Programming Festival 2020」作品募集10/15締切

lifestyle

 「Programming Festival 」は、プログラミング技術を競う大会ではなく、プログラミングを通して、教育現場の課題を子どもたちと先生が一緒に解決していく大会。子どもたちがプログラミングを学び、自らの知識や思考をほかの人と共有し、得意な教育分野を伝える方法を考えることで、より深い教育効果を目指す。

 また、現場に立つ学校の教員が実行委員や審査委員を務めることにより、今後の教育現場での活用を視野に入れた、双方向のプログラミング教育の実践を図る。

 「Programming Festival 2020」の募集教科部門は「英語」。「Programming Festival 」開設当初から課題教科が各回指定されており、「Programming Festival 2020」では、英語を楽しく勉強できるオリジナルアニメーションやゲームを募集する。教科書にある内容であれば、現在の学年以外の内容を選んで作成しても構わない。

 アイデアや面白さ、使いやすさといった評価基準をもとに一次審査では約20作品が選出され、最終審査では小中学校の教員により10作品の入賞作品が選ばれる。

 さらに、2020年度より「社会課題解決部門」を新設。SDGsの掲げる17の目標のうち1つ(複数でも可)を選び、具体的な課題とその解決案となるプログラムを募集する。評価基準は課題解決のアイデアと作品の完成度で、優れた作品には、探究学習プログラム「サス学(サステナブル学)」の小中高生への普及に取り組む協賛企業から特別賞が贈られる。

 応募には、Scratchで制作した作品と、MP4形式(Androidなど)またはMOV形式(iPhone・iPadなど)のプレゼン動画が必要。プレゼン動画で作品を実演し、制作内容を選んだ理由や作品のねらいなどをアピールする。

◆Programming Festival 2020

募集部門:<教科部門>英語 <社会課題解決部門>SDGs ※複数応募可

対象:小中高生

参加費:無料

応募締切:2020年10月15日(木)

応募:専用応募フォームより行う

関連記事

最新ニュース20件