シトロエン C3エアクロスSUV、シックなカラーでドレスアップした特別仕様車発売

car

グループPSAジャパンは、コンパクトSUV『C3エアクロスSUV』に特別仕様車「C3エアクロスSUV Cシリーズ シックエディション」を設定し、8月20日より販売を開始した。

C3エアクロスSUV Cシリーズ シックエディションは、昨年10月に発売したシトロエン100周年記念モデル「C3エアクロスSUV オリジンズ」に続くグローバルな特別仕様車。CシリーズのCは、101年目を迎えたシトロエン創立以来追求してきたたComfort(コンフォート=快適)のCであり、同時にChic(シック)のCでもある。

エクステリアは、グリプラチナムまたはナチュラルホワイトのモノトーンのボディカラーをベースに、ブラックのルーフとルーフレール、そしてマット塗装のディープレッドアクセントというカラーコーディネイションを採用。あえてこのモデルの特徴であったリアクオーターのベネチアンストライプを廃し、シックにまとめている。

インテリアも同様、ダークグレーにディープレッドのアクセントを入れたざっくりとしたツイード調のシート素材を採用。Cシリーズのタグがつき、フロアマットなどにもダークレッドのステッチをあしらっている。

他にも特別仕様車の証としてドアミラー下フロントドアにはCシリーズのバッジ、ドアステップにもCシリーズのロゴのメタル装飾が加わっている。

特別仕様車は、テップレザーダッシュボードやグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付き)も標準装備。また、純正装着タイヤは205/60 R16のサマータイヤとし、一般路での快適性、静粛性、燃費性能に配慮している。

価格は288万円。

関連記事

最新ニュース20件