S耐王者のGTNET MOTORSPORTS、2020年は“ダイシンカラー”でシリーズ3連覇狙う

sport

ピレリ スーパー耐久シリーズに参戦するGTNET MOTOR SPORTSは2020年の参戦体制を発表。かつて全日本GT選手権で活躍したTeam DAISHINとコラボすることとなった。

GTNET MOTORSPORTSは浜野彰彦/星野一樹/藤波清斗の体制で2018年、2019年とST-Xクラスで2年連続チャンピオンを獲得。当時に富士24時間レースでも総合連覇を成し遂げる大活躍をみせている。

今シーズンは日産GT-R NISMO GT3の2018年スペックにマシンを変更し、カラーリングも一新。かつて全日本GT選手権やスーパー耐久などでも活躍したオレンジの“DAISHINカラー”が復活することになる。

またドライバー体制も一新しTeam DAISHIN代表の大八木信行がAドライバーを務め、彼の長男である大八木龍一郎がCドライバーを担当。プラチナドライバー枠となるBドライバーは星野一樹が務める。さらに富士24時間レースでは現在スーパーGTで活躍する藤波清斗、平峰一貴、坂口夏月も加わり、合計6人の体制で富士24時間総合3連覇を目指す。

GTNETの尾本直史代表は「またTeam DAISHINとしてレースに参戦できることを嬉しく思いますし、新たにジュニア(大八木龍一郎)も参戦するということで、レース界を賑わせてくれることは間違いないと思います。チームスタッフ一丸となって、Team DAISHINとして恥ずかしくないレースを展開し、結果が残せるような役割ができることを楽しみにしています。Team DAISHINオーナーの大八木さんにも、良いチームと思ってもらえるように、今シーズンを全力で頑張りたいと思います」とプレスリリースでコメントを寄せた。

まずは富士24時間レースの3連覇がチームにとっての大きな目標となるが、そこに向けて強力な体制を敷いてきた。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件