15年落ちでも高く売る方法がある?古い車もちゃんと売る方法

car

不要になった15年落ちの車でも業者に売れるのでしょうか?また、売る時にはどのような方法があるのでしょうか?今回は、15年落ちの車を高く売る方法を中心としてご覧いただます。売る前にやっておくべきポイントも挙げていますので、ぜひ参考にしてください。

15年落ちの古い車でも売れる?

発売から15年が経過した「15年落ち」の車でも売ることができます。 15年落ちの古い車でも買取ってくれる業者がいますので、状態によって価格が付けられ、特に人気のある車種や程度がよければ高額で売ることも可能です。 15年落ちの車は旧車の範疇には入りませんので、売るための作業は簡単な傾向にあります。紹介する方法を活用して取引を実践してみましょう。

15年落ちの価値相場

15年落ちの車でも車種や状態によっては、数万円以上で売ることができるでしょう。 業者から0円の査定を受けることもありますが、車種による価格の相違は大きいため、15年落ちの車でも人気車は高値で売ることが可能です。何よりも傷やへこみが少なく、状態が良好な15年落ちの車を売る場合には、相場価格よりも高額で取引が可能と考えられます。

中古車買取業者で売れるのか?

15年落ちの車は、中古車買取り業者へ売ることができます。 中古車買取業者では、古くなった車を買取って修理を経て、新たなオーナーが心地よく乗れる状態にしてから店頭販売をしているため、買取ってくれる業者が多いです。 もちろんながら、劣悪な状態では買取業者でも断られるケースがあります。あくまでも一般的な経年劣化で、エンジンやミッションに過度なダメージがない15年落ちの車が売りやすくなるでしょう。

15年落ちの古い車の査定のチェックポイント5つ

製造から15年が経過した古い車を売る場合には、査定員にチェックされる5つのポイントがあるので、事前に理解しておきましょう。 15年落ちの古い車の売却時には、多くのチェックポイントが設けられています。中でも重要な5つのチェックポイントがあり、売る時の査定価格に響きますので、それぞれご紹介します。

古い車の査定のチェックポイント1:年式

15年落ちの古い車を売る時に業者は製造された年、いわゆる年式をチェックします。 年式が新しければ新しいほど、売りやすいです。また製造されてからの期間が短いほど高値が付きやくい傾向にあります。 同じ車種でも、2007年製や2003年製などの場合は製造された年が異なるため、業者が判断する劣化度合としてのチェックポイントの1つと言えるでしょう。

古い車の査定のチェックポイント2:走行距離

15年落ちの古い車を売る時は、査定員に走行距離がチェックされます。走行距離とは、エンジンが稼働した距離を示しているメーターの数字です。 15年落ちの古い車の場合は使用頻度によりますが、約15万㎞と言われています。1年で約1万㎞が一般的な目安の走行距離ですので、15年ではかなり走行距離がかさんでいる車と言えるでしょう。

古い車の査定のチェックポイント3:内装

15年落ちの古い車を売る時は、内装の状態が査定価格に影響を及ぼします。査定員にチェックされる内装は、主にシートやマットです。 15年落ちの古い車の場合、とくにシートや足回りのマットは劣化していることが多いでしょう。内装や革が破れていたり傷があったりすると売れ行きが低迷する傾向にあるため、どうしても査定価格が下がります。

古い車の査定のチェックポイント4:エンジンルーム

車の中心的な存在のエンジンとエンジンルームは、15年落ちの古い車を売る場合に査定員から細部までチェックされます。 エンジンは車の要の部位ですし、エンジンルームの劣化も査定価格に影響する箇所です。とくに15年落ちの古い車は、エンジンの劣化やオイル漏れ、周辺の劣化が経年で生じていることが多いです。 走行に直接影響を及ぼすエンジンやエンジンルームは、査定価格に大きな影響を与える部位と言えるでしょう。

古い車の査定のチェックポイント5:外装

15年落ちの古い車を売る際は、査定員によって外装がチェックされます。15年落ちの古い車の外装は、多かれ少なかれダメージを受けていることが多いでしょう。 とくにドア・ボンネット・フェンダー・ホイールなどの金属部に傷やへこみがあると、査定価格に大きな悪影響を及ぼします。車の劣化部に塗装が必要な場合、売却時には査定額が低迷することが多いです。

15年落ちの古い車を高く売る方法5選

5つある古い車を高い価格で売る方法を見ていきます。15年落ちの古い車は、どうしても買取査定が低迷しがちです。 ご紹介する5つのポイントを押えておくことで、多少なりとも車の買取価格が上がるでしょう。ぜひ、おすすめの5つの方法を実践して不要な車を高く売りましょう。

古い車を高く売る方法1:複数の買取業者を比較

15年落ちの古い車を売る際は1社だけではなく、複数の買取業者に依頼して査定価格を比較しましょう。 複数の買取業者に15年落ちの古い車の売却を依頼すると、買取価格に波が生じるケースが多いです。中には数万円も異なることがあるため、1社のみではなくて複数の買取業者に査定をしてもらい、高値で買取ってもらえる業者を選出しましょう。

一括査定の使用がおすすめ

便利に15年落ちの古い車を売るならば、一括査定できるサイトを使用するのがおすすめです。何度も売る車の情報を何度も入力する手間が省けますし、一覧で目安の買取価格が閲覧できて快適性を得られるでしょう。

古い車を高く売る方法2:廃車買取業者に売る

15年落ちの古い車を売るならば、廃車買取業者へ依頼することで走行距離やダメージが多い車両でも買取ってくれるでしょう。 廃車買取業者への売却は、買取後に使用可能な部品や鉄・ガラスなどを販売するため、他の買取業者では価格が付かなかった15年落ちの古い車を売る際にも有効的な方法です。

古い車を高く売る方法3:ディーラーに売る

15年落ちの古い車は、ディーラーに売ると高く買取ってくれます。自動車メーカーと特約店契約を結んでいる販売業者がディーラーですので、買取価格に期待できます。 とくにディーラーで購入した車を売る場合には、高値で売れる可能性もあるでしょう。ただし、ディーラーは新車をメインに扱う店舗ですので、車種や現状によっては買取価格が上がらないこともあります。

古い車を高く売る方法4:車を綺麗に掃除する

古くなった車は、売る前に所有者が清掃しておくと業者が高値で買取ってくれることがあります。内外の汚れの清掃や悪臭の除去も重要です。 可能な限り傷を補修したり、サビを除去したりすることで、買取価格の上昇に期待できます。とくに足回りのホイールは汚れやすい部分ですので、売る前に所有者が車の清掃をしておきましょう。

古い車を高く売る方法5:付属品を持って行く

カスタムしている古い車は、純正部品を用意しておくと業者が高く買取ってくれます。 車は純正度が高いほど売れやすくなるため、カスタムしている古い車を売る場合には純正パーツを持って行きましょう。それにより、査定価格が下がることはありません。

15年落ちの車の価値が0円だった場合の対処方法

古くて15年落ちの車を売る時に価値が0円だった場合、2つの対処法がありますので参考にしてみましょう。15年が経過した車を業者に査定してもらう際、劣悪な状態の場合には価格が付かないこともあります。 しかし、紹介する方法を実践することで、多少なりとも価格が付いて売れることもあるため、0円では手放したくない車がある所有者は試してみましょう。

インターネットオークションに出品

古くなった15年落ちの車は、インターネットオークションで売ると価格が付きます。 インターネットでのオークションは、自分で車の価格を設定できるメリットがあります。買取業者では査定価格が0円の古い車でも、多少の価格が付いて売れるでしょう。 個人や車の情報を入力し、車両の画像と状態の説明を記載すれば出品できる売却方法です。ただし、いつ売れるかは不明ですし、書類不備などによって取引が完了するという確証はありません。

自動解体業者に売る

古い車は専門の解体業者に依頼して売れます。車を解体して使用可能な部品を売る業者ですので、自動車解体業者へは15年落ちの古い車でも売りに出せます。 走行距離が多い車や、ドア・ボンネットに傷がある車でも使える部品があれば買取ってくれるため、少しでも価格を付けて欲しい古い車を手放す時には最適な売却方法です。 ただし、あまりにもダメージが多くて古い車の場合、ほとんど価格が付かないこともあります。

15年落ちの古い車でも高く売ろう

古い15年落ちの車は、方法次第で価値が付いて業者へ売ることが可能です。 たとえ価値がなくて0円と査定された15年落ちの車でも、紹介した方法を実践することで、多少でも値が付き買取ってくれる業者が見付かるでしょう。 手間を掛けることで、0円だった査定価格よりも上昇する可能性は大いにあるため、不要になった15年落ちの車に価値を見出してくれる業者を探してみてください。

関連記事

最新ニュース20件