「魔術士オーフェンはぐれ旅 キムラック編」ティザービジュアル&PV公開! 放送は2021年1月からに決定

news

TVアニメ『魔術士オーフェンはぐれ旅 キムラック編』のティザービジュアル&PVが公開。また、放送時期が2021年1月であること、さらに出演が発表されていた鬼頭明里の役どころが盗賊団の女剣士・メッチェンであることも明かされた。

『魔術士オーフェン』の原作は、1994年の第1巻刊行以降、様々なシリーズが発表され、累計1,400万部(電子書籍含む)を誇る“ダークファンタジー”ライトノベルだ。

過去に1998年・1999年にアニメ化されたが、シリーズ生誕25周年の2019年に『魔術士オーフェンはぐれ旅』として再アニメ化。

そして現在、第2期『魔術士オーフェンはぐれ旅 キムラック編』が制作中だが、24年前の8月20日に本作の原作『魔術士オーフェン 我が家遺志を伝えよ魔王』が発行されたことを記念して、新たにティザービジュアル&PVが公開。さらに放送時期と、鬼頭の役どころも明かされた。

『魔術士オーフェンはぐれ旅 キムラック編』は、義姉・アザリーの残した「私と決着をつけたけいのなら、キムラックに来なさい」という言葉を追って、オーフェン達がキムラックへ向かうところからスタート。

途中でオーフェンは、おびただしい死体の山の中、果敢に敵と戦う女剣士メッチェンと遭遇し、加勢と引き換えに、キムラックへの案内を依頼して……。

ティザービジュアルには、瓦礫の中に佇むオーフェン、クリーオウ、マジク、そして新キャラクター・メッチェンの姿と、怪しい巨大人形の影が。

ティザーPVからは、オーフェン、メッチェン、巨大人形との戦いの様子が映し出されており、バトル全開な第2章の中身が垣間見える内容に仕上がっている。

TVアニメ『魔術士オーフェンはぐれ旅 キムラック編』は、2021年1月より放送。

<以下、コメント全文掲載>

オーフェン(CV:森久保祥太郎)

また会えたな~!! オーフェン達にも、そして作品ファンの皆さんにも。

今シリーズ、オーフェンにとって苦悩の旅になりそうです。さらに、オーフェン達が立ち向かっているものが一体何なのか明らかになっていきます。

僕らも、新たに参加するキャスト達も存分にオーフェンの世界を生きていますので、是非楽しみにしていてください。

メッチェン(CV:鬼頭明里)

メッチェンは戦闘技術も高く、一見クールで勇ましい印象ですが、仲間思いで優しい性格の女性です。

そんな彼女がオーフェンたちと出会い、どう関わっていくのか、楽しみにぜひ最後まで見届けていただけたら幸いです!

(C)秋田禎信・草河遊也・TO ブックス/魔術士オーフェンはぐれ旅製作委員会

関連記事

最新ニュース20件