氷川きよし、“イメージ一新”当初のファンの反応語る「目が点になって…」

news

氷川きよし

8月19日放送のテレビ朝日系『徹子の部屋』に出演した氷川きよしが、ファンの反応について語った。

近年、ロックやアニメソングなどにも挑戦し、話題を呼んでいる氷川。しかし、当初は驚くファンも多かったという。氷川は「全国回らせていただくと、東京から離れれば離れるほど、やっぱりご高齢の方は目が点になってらっしゃって」とファンの反応を明かし、「急に自分が変貌したような感じだったんですかね」「根本人間は変わらないんですけど」とコメント。

これを受け、黒柳徹子が「腰抜かしたような感じの方もいらしたんですって?」と問いかけると、氷川は苦笑しながら「そうですね。申し訳ないなと思いながら歌ってたんですけど」と語った。

その一方で「自分が表現したい音楽とか、自分が表現したいビジュアルとかっていうのを急にパッと変えると、やっぱりそこには批判とか、いろんな意見が生まれてくると思うんですけど」と語った。

そして「でもそこにずっと振り回されてると、自分が誰だかわからなくなるから」「“気にしない”っていう思いを歌にして」と話し、そのような思いを『キニシナイ』という曲に込めたと明かしていた。

関連記事

最新ニュース20件