三菱の「eKクロス」&「eKワゴン」が一部改良! 予防安全技術「e-Assist」などの機能が向上

car

8月20日、三菱自動車は軽ハイトワゴンの「eKクロス」および「eKワゴン」の一部改良を実施し、同日発売した。税込車両価格は132万5500円〜182万500円。

高速道路同一車線運転支援技術「マイパイロット」はミリ波レーダーの追加で機能が向上

このたびの改良では予防安全技術「e-Assist」に、「標識検知機能」や「前方衝突予測警報」、「先行車発進通知」、「ふらつき警報」の4つの機能を新たに追加。

高速道路同一車線運転支援技術「マイパイロット」は、ミリ波レーダーの追加により機能が向上。追越し時にウインカーを出すと設定速度内で加速し、先行車との車間距離を若干詰めることで、スムーズな追越しをアシストするほか、ワイパー低速作動時の車線維持支援機能と、ワイパー高速作動時のアダプティブクルーズコントロールの利用が可能となり、ドライバーの負担軽減が図られている。

パッシブセーフティの向上としては、ドライバーの下肢部にかかる衝撃を緩和する「運転席SRSニーエアバッグ」と、リヤシートベルトのプリテンショナー機構および非着用ウォーニング着座センサーを設定し、安全性を向上させている(eKクロスに標準装備、eKワゴンにメーカーオプション設定)。

このほか、センターパネル部には充電用USBポートを新たに設置し、利便性も向上している。また、ヘッドライトのスイッチからは「OFF」が廃止され、ヘッドライトの点け忘れが防止できる。

「eKクロス」にはさらに、急な坂道を下る際、低車速を維持することで、安心して走行することができる「ヒルディセントコントロール」を標準装備したほか、ボディカラーにサファイアブルーメタリックとサファイアブルーメタリック/スターリングシルバーメタリックを新たに設定し、モノトーン6色、2トーン5タイプのバリエーションとなった。

●新型「三菱eKクロス」モデルラインナップ

・M:146万3000円(2WD)/159万5000円(4WD)

・G:160万6000円(2WD)/173万8000円(4WD)

・T:168万8500円(2WD)/182万500円(4WD)

●新型「三菱eKワゴン」モデルラインナップ

・M:132万5500円(2WD)/145万7500円(4WD)

・G:140万8000円(2WD)/154万円(4WD)

※価格は消費税込み

関連記事

最新ニュース20件