日産が「デイズ」の一部仕様向上を実施! 「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」をはじめとする先進安全機能を全車に標準装備

car

8月20日、日産自動車は軽自動車の「デイズ」に一部仕様向上を実施し、同日発売した。税込車両価格は132万7700円〜188万2100円。

ボディカラーは2トーン5種類を含む、全18タイプを設定

「デイズ」は、運転支援技術「プロパイロット」や「SOSコール」など、多くの日産の先進技術を詰め込んだ新型軽自動車として2019年3月に発売。「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」や「踏み間違い衝突防止アシスト」などの充実した先進安全技術も、ユーザーから好評を得ている。

今回の仕様向上では、新たにミリ波レーダーを採用し、さらなる先進安全技術の拡充が図られたのが特徴。「インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)」や「インテリジェント DA(ふらつき警報)」、「先行車発進お知らせ」、「標識検知機能」、「ロードリミッター付ダブルプリテンショナーシートベルト<助手席>」などの先進安全技術を新たに採用し、全車標準装備とした。「プロパイロット」は、ミリ波レーダーを採用することにより、性能が向上している。また、車内の利便性を高めるため、「USB電源ソケット」も新たに全車標準装備された。

ハイウェイスターシリーズには、「SRSニーエアバッグシステム<運転席>」、「ロードリミッター付プリテンショナーシートベルト<後席>」、「LEDフォグランプ」を新規に採用し標準装備。さらに、オプション設定だった「SOSコール」も標準装備となった。

ボディカラーでは、2トーンに「チタニウムグレー/ブラック」を新規に追加し、全5種類をラインナップ。一方モノトーンは、「アトランティックブルー」、「アメジストパープル」を新規に採用。これらにより、ボディカラーは全部で18種類の多彩なバリエーションから選択できる。

新型「デイズ」の登場に伴い、日産の関連会社「オーテックジャパン」の手がけるカスタムモデル「デイズ ボレロ」も一部仕様向上を実施。標準車「デイズ」と同様に「インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)」や「インテリジェント DA(ふらつき警報)」、「先行車発進お知らせ」、「標識検知機能」、「ロードリミッター付ダブルプリテンショナーシートベルト<助手席>」などの先進安全技術、さらに「USB電源ソケット」を、新たに全車標準装備としている。

ボディカラーは「ホワイトパール/ブロッサムピンク」、「プレミアムオリーブ/アッシュブラウン」、「アッシュブラウン/ホワイトパール」の3種類の「ボレロ」専用2トーンカラーを新たに設定し、全10種類のカラーバリエーションを展開。

●新型「日産デイズ」ラインナップ

・S:132万7700円(2WD)/146万1900円(4WD)

・X:138万500円(2WD)/151万4700円(4WD)

・ハイウェイスターX:156万7500円(2WD)/170万1700円(4WD)

・ハイウェイスターXプロパイロットエディション:166万6500円(2WD)/180万700円(4WD)

・ハイウェイスターGターボ:164万8900円(2WD)/178万3100円(4WD)

・ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション:174万7900円(2WD)/188万2100円(4WD)

●新型「日産デイズ ボレロ」ラインナップ

・ボレロ:146万8500円(2WD)/160万2700円(4WD)

※価格は消費税込み

関連記事

最新ニュース20件