アルファロメオ ジュリア/ステルヴィオを改良 先進運転支援システムを採用 さらに新グレード “スプリント” を追加

car

アルファロメオ・ステルヴィオとジュリアにタッチパネルやカーナビの採用など機能・装備をグレードアップ。さらに、運転支援システムを大幅に充実。また、リーズナブルな新グレードSPRINT(スプリント)を新設定して登場。

FCAジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:ポンタス・ヘグストロム)は、アルファロメオのFRセダンのジュリアとSUVのステルヴィオに、新たなグレードSPRINT(スプリント)を設定するほか、先進安全装備の充実を始めとする改良を施し、2020年10月3日(土)より、全国のアルファロメオ正規ディーラーにて販売する。

新たなグレードSPRINT(スプリント)が登場

ジュリアには新グレード「ジュリア 2.0 TURBO SPRINT(ターボ スプリント)」が、ステルヴィオには「ステルヴィオ2.2 TURBO DIESEL Q4 SPRINT(ターボ ディーゼル Q4スプリント)」が追加された。このグレードには、バイキセノンヘッドライトや18インチアルミホイール、ナチュラルレザーシート(6ウェイ電動調整機能付)、タッチディスプレイ付のConnectシステム、デュアルゾーン式フルオートエアコン、アクティブブラインドスポットアシストなどを標準装備。ステルヴィオ 2.2 ターボディーゼル Q4 スプリントにはさらに、ハイウェイアシストシステムやトラフィックジャムアシスト、トラフィックサインレコグニション、インテリジェントスピードコントロールなどを装備。これらの充実した装備でリーズナブルな価格を実現した。

機能及び装備の充実を図って登場

新世代ジョルジオ・プラットフォームをベースに開発され、軽量で理想的な前後重量配分のボディやクラスをリードするパワー・ウエイト・レシオ、官能的なイタリアンデザインにより、デビュー以来、世界的に高い評価を得ているジュリアおよびステルヴィオだが、今回の改良ではさらに運転支援システムやインフォテインメント機能の充実、内装の質感向上が図られ、より快適で安全な車へと進化したという。

車両の設定やスマートフォンとの連携が可能なConnectシステムに、直感的な操作が可能な8.8インチタッチディスプレイを採用。また新たにナビゲーションシステムが採用されるなど、機能を大幅に充実。これに伴いセンターコンソロール周りの素材や形状が変更され、インテリアの質感を向上。充電時にケーブルを必要としないワイヤレスチャージングパッドも備わった。

運転支援システム※については、前走車と一定の車間距離を保ちながら速度を合わせて追従するアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)に、ハイウェイアシストシステム(HAS)を追加。車線中央付近の走行を積極的にサポートし、ドライバーの負担を軽減する。レーンキーピングアシストは車線からはみ出しそうになった際に、ドライバーにグラフィックや音で注意を促し、必要に応じてステアリング補正を行なうことで安全運転に寄与する。また、一般道を含む渋滞時においてドライバーの負荷を軽減するトラフィックジャムアシスト(TJA)や、一般道ならびに高速道路で道路標識を認識し、メーター内に表示するトラフィックサインレコグニション(TSR)、TSRが検知した制限速度に応じてACCの速度設定を素早く切り替えられるインテリジェントスピードコントロール(ISC)など先進的な運転支援機能を備える。

(※GIULIA SPRINTには一部装備されない機能もある)

さらにミラーの死角にある並走車を認識し、ミラー内の警告ランプによりドライバーに注意を促すだけでなく、危険な車線変更に対してステアリング補正を行なうアクティブブラインドスポットアシストや、ドライバーの注意力の低下を検知するドライバーアテンションアラートを搭載し、安全運転をサポートする。

また、ステルヴィオには車両に触れることなくリヤバンパー下部へ足でジェスチャーを行なうことにより開閉可能なハンズフリーテールゲートも採用。加えてステルヴィオ・クアドリフォリオには、サンルーフを標準装備化。足回りでは、路面からの入力に応じて減衰力を最適化するFSDショックアブソーバーを新たに採用。また、グレードにより新デザインの18インチから20インチまでのアルミホイールが装着されるという。

関連記事

最新ニュース20件