Googleマップに、都営バスの「リアルタイム位置情報」が表示されるようになりました

news

バスを活用して歩く距離を減らそう。マジで!

公共交通オープンデータ協議会が、東京都交通局が運行している都営バスのデータをGoogle Asia Pacific Pte. Ltd.に提供したと発表しました。これにより、Googleマップで経路探索したバスのリアルタイム位置情報がマップ上にリアルタイム表示されるようになりました。

例えば六本木ヒルズから渋谷駅にバスで向かう場合、Googleマップで六本木ヒルズ→渋谷駅と経路探索。提案された経路をタップすると、ルート表示と共にバスの位置がアイコンで表示されるわけです。バスが今どのあたりに来てるのかがわかれば、バス停まで急ぐか次の便にするかが判断しやすくなりますね。

公共交通オープンデータ協議会は、公共交通データのオープンな流通のためのエコシステム創生に向けて活動してきました。2019年5月には公共交通オープンデータセンターの運用が始まり、同データを活用したチャレンジの公募も4回目を迎えています。チャレンジから生まれた「Mini Tokyo 3D」も、オープンなデータを活用したデジタルツインのひとつ。

今回のGoogleマップとの連携は、成果としても非常に大きなものになります。暑い暑い夏の都内を巡るなら、バスを活用して歩く距離を減らしてみるのもクレバーなやり方ですよね。車内は涼しいですよ〜。

関連記事

最新ニュース20件