ホリエモンと餃子店問題 法律に詳しい飲食店オーナーの投稿に称賛の声「わかりやすい」

lifestyle

ホリエモンと餃子店の騒動に対して 法律に詳しい飲食店オーナーさんの投稿が非常にわかりやすく解説されているのでご紹介させていただきます。

1. 「餃子店 vs. ホリエモン」の騒動をきっかけに「飲食店は公共施設なので客を拒否できない」とか「客の基本的人権が侵害された」などというツィートを目にする様になった。そこで、法律に関してはちょっとだけ勉強している私が、同時に飲食店のオーナーという立場としてコメントする。(続)

[email protected]宮古島 (@doughimself) October 5, 2020

2. まず、多くの人が憲法により「個人の基本的人権が守られている」と勘違いをしているが、店舗と客の場合は個人間の自由契約の話なので、店舗側はいくらでも差別・区別が出来る。むしろ店舗側は差別・区別をする権利を保有していると書いても過言ではない。(例外は後ほど)(続)

[email protected]宮古島 (@doughimself) October 5, 2020

3. 同時に、客側にも店舗を差別・区別する権利が与えられている。(そこで食わなければいいだけ!)だから「餃子屋に差別・区別をされない憲法に守られた自分の基本的人権」というものはその概念さえもが存在しない。(続)

[email protected]宮古島 (@doughimself) October 5, 2020

4. しかしその次に国会によって立案されて可決された憲法ではない一般的な法律があり、そこで初めて「一般店舗でも●●に対しては差別・区別をしてはならない」という概念が入ってくる。(続)

[email protected]宮古島 (@doughimself) October 5, 2020

5. 例えば「障害者に対してはその障害を理由に入店を拒否してはいけない」とか「盲導犬の入店を拒否してはいけない」などがそれにあたる。これは、我々が近代的社会として弱者の権利を守るために個人間契約でありながらもそこに介入してまでその弱者の権利を守ろうとした結果である。(続)

[email protected]宮古島 (@doughimself) October 5, 2020

6. だから、もしも私が「メガネフェチ・バーガー」という店を開店して「メガネをかけている方のみが入店可能です」としてコンタクトレンズ着用の客を差別・区別して入店拒否にすることは可能だ。(続)

[email protected]宮古島 (@doughimself) October 5, 2020

7. それに加えて、コンタクトレンズ着用の障害者の方を「メガネをかけていないから」という理由で入店拒否することも可能だ。しかし、その同じ障害者の方を「車椅子だから入店拒否」とはできない。(続)

[email protected]宮古島 (@doughimself) October 5, 2020

8. つまり、店舗側にも客を選ぶ権利は堂々と存在するということである。これを理解した上で今回の「餃子屋騒動」を分析すると、マスクを着用していなかった一名が入店しそうになった瞬間に店側には入店を拒否する権利が100%あった。(続)

[email protected]宮古島 (@doughimself) October 5, 2020

9. そのマスク着用が医学的根拠に基づいているかとかいないかとかは全く関係ない。ここを「マスクフェチ・餃子屋」だと思えばいいだけの話。「入店拒否、以上!」だ。(続)

[email protected]宮古島 (@doughimself) October 5, 2020

10. ただし、同時に人生は全てがモノの言い方。それをどう伝えたのか、どういうボディランゲージだったのか、どのような声のトーンだったのか、それらの状況はそこにいなかった我々にはわからない。(続)

[email protected]宮古島 (@doughimself) October 5, 2020

11. 一つだけ言えることは、これに便乗してこの餃子屋さんに電話をしていやがらせをするような暇な輩が日本中にたくさんいるという事実、それが一番異常であり残念である。(続)

[email protected]宮古島 (@doughimself) October 5, 2020

12. 餃子屋さん、万が一これを読まれる機会があるならば、心から同情してお見舞い申し上げます。(終)

[email protected]宮古島 (@doughimself) October 5, 2020

(追伸)餃子屋さん、いつでも連絡くださいね。

[email protected]宮古島 (@doughimself) October 5, 2020

ホリエモンが言うようにこの時の対応になにか「言い方が悪かった」とか「対応が悪かった」問題行動があったのかもしれない。

ただ、この件についてはホリエモンはお店の店主にスマホカメラを向けて動画で撮影して気に入らないから炎上させてやろうっていうのが見て取れた気がします。

「堀江さんですか」って言われたのが気に入らないとは言ってましたけど、スマホカメラを撮影してフォロワーに伝えようとしてる時点でその「堀江さん」の部分を自ら活用してるわけですからね。

そして何より異常なのは、この両名よりもコレに乗っかってお店に嫌がらせした「堀江さんのために!」っていいながらお店に嫌がらせしている一部のフォロワーさんですね。 これのせいで当の「堀江さん」が燃え上がってますよ・・・。

この投稿のおかげで世の中の多くの飲食店はお客を断る権利を持ってることを知ってもらいたいし、お客も断られる可能性は十分にあるしそれはお店の自由だということを知ってもらいたいですね。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件