還暦定年60代、みんな貯金をいくら持っているか

news

sorbetto/iStock

昨年、金融庁から金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」が公表され、老後は年金収入の他にざっくりと2000万円が足りなくなるという内容だったため「老後2000万円問題」として大きな話題となりました。

また厚生労働省による平成30年簡易生命表では、男性の平均寿命は81.25年、女性の平均寿命は87.32年となりいずれも過去最高を更新しています。

老後2000万円問題に平均寿命の更新と、老後への不安は大きくなるばかりです。 定年60代の方にとってはまさにタイムリーな話であり、他人事ではないはずです。

今回は60代の貯蓄額について確認してみましょう。

定年60代みんな貯金いくら?

金融広報中央委員会による「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和元年)」によると、「金融保有世帯」の60代世帯の貯蓄額は下記のようになっています。

  • 平均貯蓄額:2203万円
  • 中央値:1200万円

平均は一部の貯蓄額が高い方に影響されるため少し歪んでしまうことがある一方、中央値は貯蓄額が少ない順に並べて一番真ん中にくる数値であるため、より実際の生活レベルに近い結果と言えます。

中央値で見ても1000万円を超えています。

この結果は金融資産保有世帯に限定した結果となっています。

一方で、「金融資産を保有していない世帯」も含めるとどうなるかみていきましょう。

  • 平均貯蓄額:1635万円
  • 中央値:650万円

金融資産保有世帯にくらべて平均値も中央値もざっくり半分になっています。

こうしてみると、60代で資産格差が大きくなっていると言えるのではないでしょうか。

  • 3
  • 4
  • 5

参考記事

ニュースレター

老後資産格差とは

金融資産保有世帯だけでみた結果と、金融資産を保有していない世帯を含んだ結果では大きく変わっていることが分かりました。

では具体的に保有額の割合をみていきましょう。

まずは金融資産保有世帯で確認してみます。

  • 100万円未満:4.5%
  • 100~200万円未満:5.3%
  • 200~300万円未満:4.2%
  • 300~400万円未満:5.1%
  • 400~500万円未満:3.6%
  • 500~700万円未満:7.7%
  • 700~1000万円未満:6.8%
  • 1000~1500万円未満:12.8%
  • 1500~2000万円未満:7.5%
  • 2000~3000万円未満:11.9%
  • 3000万円以上:20.2%
  • 無回答:10.4%

金融資産保有世帯ではなんと3000万円以上の割合がもっとも高く、2000万円以上の割合が3割強となっています。

では金融資産を保有していない世帯も含めるとどうでしょうか。

  • 金融資産非保有:23.7%
  • 100万円未満:3.5%
  • 100~200万円未満:4.0%
  • 200~300万円未満:3.2%
  • 300~400万円未満:3.9%
  • 400~500万円未満:2.7%
  • 500~700万円未満:5.9%
  • 700~1000万円未満:5.2%
  • 1000~1500万円未満:9.8%
  • 1500~2000万円未満:5.8%
  • 2000~3000万円未満:9.1%
  • 3000万円以上:15.4%
  • 無回答:7.9%

こちらは金融資産を持っていない世帯の割合がもっとも高くなっています。

このように貯蓄が充分にある方と無い方の差が顕著に出ていることが分かります。

金融資産となっているのは、貯蓄額として出ている金額には現金として保有する預貯金以外の金融商品が含まれるためです。

貯蓄の中身はなにが多いか

ここからは貯蓄の内訳も確認してみましょう。

金融資産保有世帯の場合

  • 預貯金:946万円
  • 保険:679万円
  • 有価証券:512万円

金融資産を保有していない世帯を含む場合

  • 預貯金:702万円
  • 保険:504万円
  • 有価証券:381万円

日本人は預貯金や保険を好むと言われますが、まさに金融資産のほとんどを預貯金と保険が占めています。

まだまだ資産運用でお金を増やすことにはアレルギーがあるという結果ともいえます。

定年60代からの資産運用

さてここまで60代の貯蓄額を確認してきました。

資産格差が大きいということと、資産運用には消極的ということが分かりました。

老後2000万円問題を例に考えると、2000万円以上の貯蓄が充分にある方や、退職金があるので大丈夫だという方であればいいのですが、思ったように預貯金が増えていない方、退職金の無い方は資産運用でお金に働いてもらうことも検討しておくと良いでしょう。

これは誰にも共通することですが、運用だからといって持っているお金をほとんど運用にまわしてしまうことは避けてください。

運用の初心者の方が、短期的に大きな資産を運用で作ることは非常に難しく、失敗してしまう可能性が高いためです。

また運用のプロでも売買のタイミングはわからないといわれていますので尚更です。

老後が長いと考えれば、毎月のつみたて投資でコツコツ運用していても運用期間が長くなればリターンも安定します。

老後も資産運用を続けることがポイントとなります。

また自分では判断出来ないという場合は、お金のプロに相談する方法もあります。

その際には商品を先にすすめるのではなく、お金に対する悩みや目的目標などをじっくり聞いてもらえるようなところがおすすめです。

お金をどんな風に増やしたいかで、金融商品は変わってくるためです。

まとめにかえて

いかがでしたでしょうか。 安心した老後のために今から行動してみましょう。

スマホOK!無料Webセミナー「お金の増やし方」「iDeCo/NISA始め方」他【PR】

毎日開催/無料オンラインセミナー/たった30分/資産運用初心者向け/月2万円からしっかり資産作る/iDeCo・NISAどっち?/投信選び/保険見直し/スマホやPCで簡単参加/カメラoff/講師陣は大手金融機関出身者/もやもや解消&問題解決あり

◆無料セミナー詳細とお申込みはこちらをクリック <株式会社OneMile Partners主催>

参考資料

  • 金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和元年)」
  • 厚生労働省平成30年簡易生命表の概況
  • 金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件