マニアが教える しゃぶ葉の肉を3000倍ウマくする「下品なたれ」の作り方

lifestyle

すかいらーく系列のしゃぶしゃぶ食べ放題レストラン・しゃぶ葉は、Go To Eatキャンペーンに参加していることもあり、普段以上の賑わいを見せている。

記者はしゃぶ葉が大好きなしゃぶ葉マニアなので、多いときは週1、少なくとも月1では必ず行くのだが、しゃぶ葉の魅力は肉が美味しいことではなく、豊富なタレと調味料にある。

画像をもっと見る

■たれが豊富なしゃぶ葉

そのタレは5種あり、調味料も10種類以上あるのだが、しゃぶ葉マニアに「おぬし、やりおるのぅ」と褒められる、特定の組み合わせが存在する。

まずベースはごまだれ。それに調味料はごまだれ1杯に対しトウバンジャン1杯、ザーサイ1杯、マー油大盛り2杯、にんにく1杯、ブラックペッパー適量、ねぎ適量を入れるのだ。

関連記事:業務スーパーの万能な「生姜調味料」 平凡料理を覚醒させる神アイテムだった

■下品なたれの完成

するととんでもないパンチ力のあるたれができる。高級店でやったら確実に下品な人扱いされる、しゃぶ葉のようなカジュアルかつ調味料が豊富なしゃぶしゃぶ店でないとできない、ウマいけどここでしかできない「下品なたれ」の完成だ。

肉はなんでもいいのだが、しゃぶ葉マニアのおススメはもっとも安い三元豚バラ肉コースに使う方法。たれ自体がとんでもなくウマいので、あまりに高級な肉を使ってしまうと逆にもったいない。

■飯泥棒すぎる味が最高

気になる味は、単体だと甘すぎると感じてしまいがちなごまだれに奥深いコクと辛味のトウバンジャン、サクサクのフライドオニオンが香ばしいマー油、旨味とほどよい酸味とシャキシャキ感を加えるザーサイとネギ、最後に爽やかな辛味がプラスされるブラックペッパーが肉に絡んで最高に美味!

これだけでご飯がいくらでもいけてしまうほどの飯泥棒味なため、食べすぎには要注意。知らないうちに茶碗3杯ぐらいはペロリといけてしまうはずだ。

■しゃぶ葉の真価はタレとトッピング

「しゃぶ葉の真価はタレとトッピングにある」ことを間違いなく実感できる下品なたれは、しゃぶ葉マニアを目指す者なら絶対にマスターしておきたい。

いまならGo To Eatキャンペーンを使えばかなり安く食べられるため、食べ放題が苦手な人も、ぜひしゃぶ葉へ美味しいしゃぶしゃぶを食べに行ってほしい。

・合わせて読みたい→高級焼肉店の味をガチで半額以下で楽しめる焼肉材料店『河の家』がコスパ最強

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件