日本の非常食はすごかった「我が国の石のように硬いカンパンとは違う」=中国

news

日本人はもともと防災に対する意識が高いが、新型コロナウイルスの感染拡大でその意識がさらに高まったのは間違いないだろう。フリエ住まい総研の調査によると、防災対策を行っている人は主に「飲料水の用意」と「保存食の用意」をしているそうだ。飲料水や食料はローリングストックにより日常生活の延長上で気軽に行えるため、実践しやすいのだろう。

そのためか、最近では非常食が「長く保存できる」だけでなく、「おいしくて便利」なものが求められるようになっている。中国メディアの百家号はこのほど、日本の非常食が進化していると紹介する記事を掲載した。

日本の非常食にはどんなものがあるのだろうか。記事は、炊き立てのようにおいしく食べられるアルファ米や、ふわふわしている缶詰のパン、レトルトの丼ものなどがあると紹介。「おいしさへの要求が高くなっている」と指摘している。非常食と言えば、石のように硬いカンパンくらいしかない中国では信じられない話だろう。

また、日本の非常食は「便利」だとも指摘している。火が使えず水もない場合があるので、そのまま食べられるように研究されたレトルトパウチや缶詰がある。それも、缶切りなどの道具がなくても誰でも開けられるように工夫されている。記事はさらに、種類も味のバリエーションも豊富で、子どもや高齢者に合わせた商品もあると伝えている。

長期保存できるだけでなく、おいしくて種類が豊富で便利な日本の非常食。普段からローリングストックを実践していれば、普段から食べ慣れているので非常時にも安心で、賞味期限切れを防ぐ利点もある。中国はまだ全体的に防災意識が低いので、ぜひ日本から学んでほしいものだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

タグ: ニュース

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件