森久保祥太郎、日本初“国産ボイラ”発明者の田熊常吉を演じる 企業のオリジナルアニメに出演

news

森久保祥太郎、駒形友梨、天崎滉平らが、株式会社タクマのオリジナルアニメ『この空の下で』に出演。2020年10月19日よりYouTubeにて配信開始となった。

株式会社タクマは現在、環境にやさしいごみ処理プラントやバイオマス発電所の建設・運営事業を手掛けている企業。

創業者である田熊常吉は、明治・大正・昭和の激動の時代に様々な困難にも負けず、ゼロから日本初の国産ボイラを発明した人物だ。

オリジナルアニメ『この空の下で』は、そのような創業者の志を胸に、社会が大きな変化を迎える今、勇気や希望を持って新しいことに挑戦し、社会に貢献していきたいという思いを込めて制作したという。

主人公は、新入社員・井上未来(CV.駒形友梨)。

希望と自信を持ってタクマに入社したが、下園(CV.天崎滉平)など活躍している社員を目の当たりにし、自信をなくしてしまった。

そんな折、未来は会社の屋上からタイムスリップして、初の国産ボイラを発明した創業者・田熊常吉(CV.森久保祥太郎)と出会い、新しいことに挑戦する勇気をもらう。

<スタッフ>

●監督、 コンテ、 キャラクターデザイン

山元隼一

●脚本

正岡謙一郎

●作画監督

近藤いずみ

●音楽

武田十季

●プロデュース

スマートシティ企画株式会社

●企画

株式会社シンク・デザイン

●制作

株式会社パインズ

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件