文房具の整理整頓にはコツがある!収納方法やアイデア事例も紹介

food

文房具を整理整頓するコツ

文房具は種類が多くサイズもまちまちなため収納が難しい。上手に整理整頓するために、以下の3つのコツをおさえよう。

種類ごとに分ける

整理整頓の基本はサイズや種類を揃えることだ。文房具は整理する前に筆記用具、消しゴム類、ハサミ類、テープ類、消耗品などに分類する。こうすることで、ある程度サイズ感が整い整理がしやすくなるだろう。

使用頻度に合わせる

いくらきれいに整理整頓しても、使い勝手が悪ければすぐに散らかってしまう。きれいな状態をキープするためには、使用頻度に合わせて収納場所を決めることが重要だ。たとえば、良く使うペンや消しゴム類は卓上に置き、使用頻度の低い文房具は引き出しなどに収納する。

見た目の統一性も重要

文房具を分類したら、それぞれを決めた場所に収納する。このとき、収納容器の色やサイズ、柄などを統一すると、よりすっきりと整った印象になるのでおすすめだ。

文房具を上手に整理して収納する方法

文房具を整理整頓するコツを覚えたら、実際に収納してみよう。次は、文房具の収納の流れを紹介する。

1.ケースやボックスで仕切る

文房具を分類した状態を保つためには、収納スペースに仕切りを作ることが重要だ。引き出しや棚に収納するなら、中にケースやボックスを敷き詰め、種類ごとに文房具を入れていく。そうすることで、種類が違う文房具が混ざり合うことなく整理された状態が維持できる。ケースのサイズを測ったり、ぴったりサイズを探したりするのが面倒な方は、引き出し用の収納トレーを使うと整理が簡単だ。

2.ラベリングする

文房具の収納場所が決まったらラベリングをしよう。ラベリングとは、収納場所にシールまたはラベルを貼り、どこに何が入っているか分かるようにする作業だ。ラベリングをしておけば、誰が文房具を使っても同じ場所に戻せる。また、外側から何が入っているのかが分かるため、いちいち開けて確認する必要がなくなり使いやすくなるだろう。

文房具をおしゃれに整理する方法

先ほども紹介したとおり、使用頻度の高い文房具は机の上に収納するのがおすすめだ。机の上に収納スぺースを作りながら、おしゃれに整理整頓するにはどうすればいいのだろうか?

斜めのペンスタンドがおすすめ

使用頻度が高いアイテムは斜めのペンスタンドに収納するのがおすすめだ。傾斜があるぶん、一般的なスタンドよりも収納に手間がかからず、頻繁に出し入れしても疲れにくい。見た目もおしゃれに整理ができるため人気のアイテムだ。100均でも入手可能なので、気になる方は購入してみよう。

デスクオーガナイザーを活用しよう

デスクオーガナイザーとは多機能なペンスタンドのことで、筆記用具だけでなくハサミや

テープなど文房具全般をまとめて収納できる。シンプルなペンスタンドに比べるとサイズが大き目のものが多いが、収納力が高くさまざまな種類の文房具をまとめて整理できる。整理整頓が苦手な方や文房具を一箇所にまとめたい方にぴったりだ。

4. 文房具をきれいに整理するアイデア事例

文房具を整理するコツは分かったが、何から始めたらいいのか分からないという方も多い。最後は、今すぐ実践できる具体的な収納アイデアの事例を紹介する。自分の部屋にぴったりだと感じたら、すぐに真似をして整理整頓してみよう。

スタッキング収納

文房具の収納スペースを極力小さくしたいという方には重ねて置けるスタッキング収納がおすすめだ。なかでも引き出し型は中身が見えないため、よりすっきりと整理されて見える。

カラーボックス収納

引き出しや棚に収納スペースがないなら、カラーボックスを使って整理整頓しよう。カラーボックス内に書類ファイルや引き出し型収納を入れれば、文房具専用の収納スペースが作れる。

今回は文房具を整理するためのポイントや収納アイデアを紹介した。文房具は一箇所にまとめることで、置いた場所がわかりやすくより整理されて見える。今回紹介したアイデアを参考に収納の見直しをして、見た目も機能性もアップさせよう!

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件