これが日本の医療制度なのか! 中国人が「学ぶべき」と感じた理由

news

国によって医療制度は大きく異なっている。どの国の制度が正しいという正解はないものの、中国人には日本の医療制度が非常に優れていると感じるようだ。中国メディアの百家号は23日、日本の医療制度を紹介する記事を掲載した。「中国が学ぶに値する」と高く評価している。

記事の中国人筆者には日本で働いている友人がいるそうだが、その友人がここ最近、病気で入院したという。そこで、中国人筆者はこの友人に日本の医療制度について尋ねたそうだ。そこで知ったことの1つが、日本の健康保険制度は「自己負担率が30%」であることだったというが、筆者は「この比率は何も特別ではない」と感じたという。なぜなら、中国では退役軍人の場合自己負担率は10%にも満たないからだ。

しかし、日本の医療制度で最も優れているのは「高額療養費制度」だと紹介。同一月にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、自己負担限度額を超えた分が、あとで払い戻される制度で、筆者は「この制度があるおかげで、日本には病気になっても医者にかかれないという現象はなく、病院へ行くためにあちこちからお金を借りる必要もない」と伝えた。

この点、中国では高額な医療費を支払えずに医者にかかれない人や、親せきや友人からお金を借りて治療費を用意するケースが少なくない。そもそも、治療に当たって費用を前払いする必要があるというのも日本と中国の医療制度の違いと言える。

記事の中国人筆者は、友人から日本の医療制度について聞いて、「日本の医療制度から中国は学ぶべきだと思った」と述べている。日本の医療制度も完璧というわけではないが、中国と比べると非常に整った公平なシステムと言えるだろう。日本で生活しているとなかなか実感できないものの、実は幸せな環境が整備されていると言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

タグ: ニュース

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件