陝西省の自然保護区でヒョウの撮影に成功

news

赤外線カメラが捉えたヒョウの姿。(資料写真、西安=新華社配信)

【新華社西安10月27日】中国陝西省商洛市鎮安県の陝西鷹嘴石(ようすいせき)省級自然保護区でこのほど、回収された赤外線カメラの映像の中に国家1級保護動物のヒョウの姿が発見された。県内の管轄区でヒョウの撮影に成功したのはこの40年近くで今回が初めて。

同保護区は秦嶺山脈の南斜面中腹に位置し、主にジャイアントパンダの潜在的生息地とターキン、ジャコウジカなど森林の野生動植物を保護している。(記者/都紅剛、劉彤)

タグ: 新華通信社

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件