カズレーザー、迷惑系YouTuberへずまりゅう報道に異論「意味がほとんどない」

lifestyle

メイプル超合金・カズレーザー

10月27日放送の『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)で、迷惑系YouTuberのへずまりゅうについて取り上げたが、報道に対する出演者のお笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザーの見解が反響を集めている。

今年5月、愛知県内のスーパーで会計前の魚の切り身を食べる動画をYouTubeにアップし、7月に窃盗容疑で逮捕されていたへずまりゅう。10月16日には大阪の衣料品店で売り物のTシャツを偽物扱いしたとして威力業務妨害で大阪府警にも逮捕されていたが、26日になって、7月に渋谷スクランブル交差点に布団を持ち込んで通行人の進路を妨害したとして警視庁に書類送検された。

迷惑系YouTuberとしてこれまで動画を通じて数々の迷惑行為を行ってきたへずまりゅうに対し、MCの小倉智昭アナウンサーは「見てるだけで不愉快になりますよね。相手にもしたくないという感じです」と嫌悪感をあらわに。また、番組ではへずまりゅうのこれまでの迷惑行為を詳しく紹介していたが、小倉アナは「この手の人間はこうやって報道することによってまたほくそ笑むんじゃないかなと思うよね」と指摘していた。

この小倉アナの意見にカズレーザーも賛同し、「そもそも、こういった輩は、YouTubeの再生数も重要ですがパトロンとか出資者が、結構いたりして個人的にお金とかをもらって有名になりさえすれば稼げるというシステムになっている」と指摘。そのため、「別にここで警鐘を鳴らそうがどうしようが、この人にはダメージはなくて。なんなら、フジテレビの『とくダネ!』がコラボ配信してくれたぐらいにしか思っていないわけなのでこれを報道する意味がほとんどないな、と」と小倉よりも厳しく報道の意味を追求していました。

「このカズレーザーの意見に視聴者からは、『その通りで、テレビとかで取り上げると余計に調子乗るだけやから、ガン無視でええわ』『自分が出てる番組批判ってなかなかできないし、ド正論だと思う』『カズレーザーの指摘、完璧!』といった称賛や賛同が殺到することに。また、カズレーザーはさらに『こういう迷惑行為や犯罪行為にうっすら加担してるような感じがするのでこういう報道はやめた方がいいなと思いますね』と断罪。テレビ報道のあり方についても一石投じた形になりました」(芸能ライター)

多くの支持を集めた今回の発言。さらにコメンテーターとしての評価が上がったようだ。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

最終更新:2020/10/28 06:00

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件