レクサス初のPHVは「NX」で決まり!? RAV4 PHVのシステムを採用、車名は「NX450h+」か

car

レクサスのコンパクトクロスオーバーSUV『NX』次期型に関する情報を、スクープサイト「Spyder7」が入手した。次期型はレクサス初のプラグインハイブリッド(PHV)となる可能性が高く、要注目だ。

初代となる現行NXは、2014年に販売を開始。2.0リットル直列4気筒ターボエンジンの「NX300」と2.5リットル直列4気筒+電気モーターのハイブリッド「NX300h」をラインアップしている。2017年9月に大幅改良を受けたが、初のフルモデルチェンジを迎える。

車体にはTNGA「GA-Kプラットフォーム」を採用、ホイールベースが延長され、居住空間が向上するとみられる。

注目はパワートレインだ。最高出力300ps程度を発揮する2.4リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンが新設定されるほか、2.5リットル直列4気筒「Dynamic Force Engine」+電気モーターによるPHVの設定が目玉だ。

2020年4月には、「NX450h+」の商標登録が完了していることが発覚。「+」はプラグインハイブリッドと予想され、最強グレードの可能性がありそうだ。『RAV4 PHV』に搭載される2.5リットル直列4気筒+ツインモーターを共有し、最高出力は306psを発揮することになりそうだ。RAV4 PHVはSUVながらスポーツカーのような走りを実現しており、NXにも期待が高まる。

エクステリアデザインの詳細は不明だが、情報をもとに予想CGを製作した。NXが持つエッジの効いた、直線的なラインで構成されたディティールは残し、タイヤハウスの張り出しをより強調。フロントマスクは、より細くシャープなヘッドライトに、牙を思わせる縁取りのエレガントなスピンドルグリルとした。アンダーのスポイラーから後席ドアにかけて伸びるブレードがアクセントとなっている。

登場時期は、現在のところ明らかになっていない。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件