『鬼滅の刃』禰豆子の竹筒を彷彿させる商品が話題 その意外な中身は…

lifestyle

(写真提供:京料理六盛)

全国403館で上映され、観客動員は798万人を超えた「劇場版『鬼滅の刃』無限列車」が、公開初日からの10日間で興行収入107億円に達した。10日間で100億円を突破したのは、日本の上映作品で史上最速だ。

そんな中、主人公の妹・「禰豆子(ねずこ)がくわえている竹を彷彿させる商品がある」と話題になっている。

画像をもっと見る

■京都の料理店が扱う逸品

物語の第一話で鬼になってしまった禰豆子。「人間を襲わないように、竹をくわえさせられたのではないか」と言われている。その竹筒を彷彿させるのが京都にある「竹筒プリン」だ。

(写真提供:京料理六盛)

この商品を販売しているのは、京都平安神宮の隣に店を構える、1899年創業の「京料理六盛(ろくせい)」。歌舞伎役者から著名人らが好んで通う名店だ。2年ほど前に京料理の趣を感じさせる竹筒に、懐かしさの残るカスタードプリンを入れて発売した。

関連記事:『鬼滅の刃』声優・鬼頭明里、竈門禰豆子を演じる苦労告白 「鬼になってからは…」

■店のオンラインショップでは在庫わずか

竹筒の底の突起を折ることで、簡単にプリンを取り出すことができ、添付のシロップをかけて味わう。竹筒からつるっと取り出す作業も何とも楽しい。通販限定商品で店の公式サイトでは、6個入り3,780円(税込・送料無料)で発売中だ。なお、竹筒はプラスチック製。

(写真提供:京料理六盛)

ほかにも、Amazonや楽天市場でも購入できる。なお、商品のリニューアルを検討中のため、公式サイトの在庫は約100セットのみ。追加製造はできないという。

■予約なしで気軽に味わえるメニューも

この店イチオシは、人間国宝がつくる手桶に、京懐石を敷き詰める「手をけ弁当」だ。昔から京料理は「一見(いちげん)さんお断り」という格式高いものだった。そのため、京料理を「予約なしに、気軽に味わってもらおう」と始めたという。

(写真提供:京料理六盛)

観光客にも人気で、昼の部は14時まで3,300円(税込)で、京都の四季折々の味を堪能できる逸品だ。

・合わせて読みたい→いま、くら寿司に軽い気持ちで行ってはいけない理由 かなりの覚悟が必要

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件