感染症予防に効果を発揮!「L8020乳酸菌」で元気に冬を過ごそう

lifestyle

新型コロナウイルスに加え、インフルエンザも心配なこの冬は、いつも以上に感染症対策を万全にして挑む必要がある。

こまめな手洗い、うがいだけでは不安だという人も多いだろう。

実は、万人におすすめしたい感染症の予防対策がある。

今話題の、「L8020乳酸菌」だ。

口内ケアが感染症予防になる

感染症対策には口内ケアが重要だという話はご存知だろうか。

歯周病菌はインフルエンザウイルスが人の細胞に入るのに必要な酵素を持っており、歯周病菌を持っているとインフルエンザにかかりやすく、さらに重症化しやすくなってしまう。

また、新型コロナウイルスのレセプター(受容体)も舌や歯肉の上皮細胞にあることがわかっており、口腔内でウイルスが増殖することが明らかになった。

感染症の予防には口内ケアが有効だ。具体的なケア方法は3つある。

・歯磨きや舌みがきなどの「物理的除去」

・洗口剤や歯磨き粉などの「ケミカルコントロール」

・有害な菌を有用な菌に置き換える「生物学的コントロール」

歯磨きはもちろん、歯間ブラシを使って丁寧に隙間を掃除する「物理的除去」は基本。

そして、菌を置き換える生物学的コントロールでは乳酸菌が注目されている。

多くの乳酸菌には歯周病菌を抑える働きがあるが、よりパワフルなのがL8020乳酸菌だ。

L8020乳酸菌で、歯周病・虫歯・感染症から体を守ろう

L8020乳酸菌は虫歯にも歯周病にもなったことがない子どもの口の中から発見されたヒト由来の乳酸菌で、虫歯の原因であるミュータンス菌を抑える働きをする。

歯周病の原因のひとつであるジンジバリス菌を死滅させたという実験結果も学会で報告されている。

L8020乳酸菌は、虫歯や歯周病の原因になる菌を減少させる作用があるだけでなく、口臭も抑える働きをする。

口の中の環境を整え、菌が体内に入ったり、口腔内で繁殖したりするのを抑えるため、感染症の予防として有効だと考えられている。

丁寧な歯磨きや洗口剤でのうがいに加え、L8020乳酸菌をプラスすることで、より予防効果があがるのだ。

歯周病対策で酸化ストレスが低い体作りを

鶴見大学歯学部探索歯学講座の花田信弘教授は、新型コロナウイルスについて「これから研究を重ねる必要があるが」と前置きしたうえで、

「一般的には基礎疾患を持つかどうかで発症するかどうかが決まると言われているが、基礎疾患で身体が慢性炎症になり酸化ストレスを引き起こしている方が重症化している」

と語る。

「酸化ストレスを抱えた方は高齢者や糖尿病の方などに当てはまりますが、それ以外で当てはまるのが、実は歯周病なのです。

歯周病菌が血液に入り、さらに歯周組織に炎症が起こって酸化ストレスとなり、 基礎疾患と同じ働きをしてしまうことで、重症化に結び付くと考えられます」(花田信弘教授)

歯科医院で定期的に検診を受けつつ、L8020乳酸菌で歯周病、虫歯、感染症とトータルで対策するのが効果的だ。

L8020乳酸菌は、タブレットやオーラルケア用品、ヨーグルトなどに配合されている。

感染症を恐れず元気に過ごし、虫歯や歯周病と無縁でいるためにも、L8020乳酸菌を使った口内ケアを始めてみてはいかがだろうか。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件