山本舞香、芸能界引退を考えた過去「キャバ嬢になりたかった」

lifestyle

女優の山本舞香が本日28日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ)に出演する。

山本を迎えて送るのは、ゲストの知られざる一面を引き出すために、今まで聞かれたことがないであろう質問をぶつけていく企画「生まれてはじめて聞かれました」。まず、松岡昌宏が「芸能界でいちばんビビった人は?」と質問をぶつける。すると、山本は「2人います」と言い、その1人が松岡であることを明かす。2012年のドラマ『13才のハローワーク』(テレビ朝日)で共演した際に、初対面で「怒らせてはいけない人」とビビってしまったという山本。「自分が聞いた質問で、自分の名前が挙がるとは!」と驚く松岡と山本が当時を振り返る。果たして何があったのか?

さらに、松岡が「この仕事をしていなかったら何していると思う?」と尋ねると、山本は「仕事を辞めたいと思ったことがあって、その時はキャバ嬢になりたかった」とまさかの告白。仕事を辞めたいと思った理由や、再び役者を続けようと決心したきっかけなど、山本の本音にTOKIOが迫っていく。

また、国分が「ビンタしたこと、ある?」と質問。山本が「人生でいちばん怒った時に、親友をビンタした」というエピソードを語ると、赤裸々すぎるトークに、「もうちょっとソフトなエピソードはないの?」、「初対面の人にする話じゃないよ!」とTOKIOも仰天する。

他にも男子が女子からされたら“俺のこと好きかも”と思い込んでしまう行動を刑事に扮したTOKIOが選び、“好きアピール=クロ”か“意識していない=シロ”の“シロクロ判定”を、女性刑事に扮した山本に判定してもらう企画「完全に好きアピ警察24時」では番組史上初となる事態に。具体的なシチュエーションを交えながら“クロ”だと思う行動をプレゼンテーションしていた長瀬に、山本が恋に落ちてしまう? 「長瀬さんと私だったら……と想像して、ドキドキしてしまう」と本気の山本が長瀬にしたい“好きアピール”を選び、長瀬がそれを判定するまさかの展開に。果たして、山本の恋心は伝わるのか?

収録を終えた山本は「楽しかったです! すごく緊張していたんですが、皆さんの笑顔に安心して、自分が思っていることをお話させていただくことができました」と振り返り、「使えるか使えないかはお任せしますが(笑)、TOKIOさんにも笑って聞いていただけたのでうれしかったです」とコメント。

好きアピ企画については「具体的なシチュエーションをお話されていて、想像してしまい本気で考えました。以前、松岡さんと共演させていただいた時は恋愛の話なんてしなかったので貴重でした。ちょっと成長した私をお見せできたのではないかなと思います」と話している。

『TOKIOカケル』(フジテレビ)は10月28日23時~23時40分放送。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件