肉じゃがの変身レシピ【料理のプチストレス解消法#15】

lifestyle

甘辛味の肉じゃがを洋風料理で新しい味わいに

牛肉やじゃがいも、玉ねぎ、にんじんなどを油で炒め、しょうゆや砂糖、みりんで甘辛味に煮つけた肉じゃが。人気の家庭料理ですが、連日だと箸が進まないことも。でも、じゃがいもは傷みやすいうえに、冷凍保存には向いていないので、なるべく早く食べきりたいもの。

肉じゃがのアレンジといえば、和風カレーや肉じゃがコロッケがおなじみですが、簡単にガラッとイメチェンさせちゃいましょう。一つは、肉じゃがに市販のデミグラスソースを加え、同じく市販の冷凍パイシートを使った和風ミートパイ。おしょうゆベースの甘辛味とデミグラスソースは意外なほど相性よし。見た目も変わり、食べてみてびっくり!の新しいおいしさです。

もう一つは、肉じゃがに豆乳とケチャップをプラスしてソース代わりにしたドリア。豆乳のコクとケチャップの甘酸っぱさ、それに溶けたチーズのうま味が加わって、大満足の一品に。肉じゃがにはすでに味がついていて火も通っているので、手間がかからないのもいいところ。「簡単」「時短」「おいしい」の三拍子そろった変身レシピです。

青のりがアクセント! 和風ミートパイ

市販のパイシートを使って、肉じゃがをカフェメニューみたいなオシャレな一品にチェンジ! 実は、肉じゃがって牛肉やじゃがいも、玉ねぎなど、洋食でもよく使われている食材がメインなので、洋風に変身させやすいんです。市販のデミグラスソースを加えれば、グッと本格的な味になりますよ。最後にひとふりした青のりの風味がオツなアクセント♪

■材料(2個分)

肉じゃが…お玉1杯分

デミグラスソース(市販品)…50g

冷凍パイシート(市販品)…20×20cmの大きさ1枚

卵黄…少々

水…少々

青のり…少々

■作り方

1)冷凍パイシートは記載されているとおりに解凍する。肉じゃがにデミグラスソースを加えて混ぜる。

2)解凍したパイシートを正方形に4等分し、2枚に1の肉じゃがをのせる。残った2枚をそれぞれにかぶせて縁を貼り合わせ、さらにフォークの背を押しつけてしっかり縁をとじる。表面に1~2カ所、ハサミで切りこみを入れる。

3)約200度に余熱したオーブンで15~20分、キツネ色になるまで焼く。

4)器に盛り、青のりをふる。

ホワイトソースいらずのこくまろドリア

最初から作ると時間も手間もかかるドリアが、肉じゃがを利用すればホワイトソースいらずで簡単にできます。豆乳を加えてもじゃがいもをつぶすことでとろみがついて、いい感じのソースに変身! ご飯の代わりにマカロニでももちろんOK。

■材料(2人分)

肉じゃが…お玉軽く2杯分

豆乳(成分無調整)…大さじ4

ケチャップ…大さじ1

こしょう…少々

バター…少々

ご飯…2膳分

ピザ用チーズ…適量

■作り方

1)鍋に肉じゃがを入れ、じゃがいもとにんじんをフォークの背などでざっくりとつぶし、豆乳とケチャップ、こしょうを加えてなじませ、あたためる。

2)耐熱容器にバターを塗り、ご飯を入れて1をかけ、チーズをのせる。

3)オーブントースターでチーズが溶けてこんがり色づくまで焼く。

フードコーディネーター POLPONI

タグ: ウォミィ

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件