ハーレーダビッドソンがeバイクの新ブランド「シリアル・ワン」を設立。

news

最もハーレーらしいeバイクが誕生。

スタイリッシュで都会的な電動自転車と、子供用の電動バランスバイクも作るようになったハーレーダビッドソン。彼らは新たにeバイクのブランド「SERIAL 1」を立ち上げ、1903年の1号機に触発された、ネオ・クラシックなモデルを発表しました。

シリアル・ナンバー・ワン

それが当時のニックネームだった、「Serial Number One(シリアル・ナンバー・ワン)」。自転車にエンジンを載せ、オートバイへと進化させた当時のイノベーション精神が、100年以上の時を超えeバイクに受け継がれたのです。

ビーチクルーザーを思わせる流線的な黒いフレームに、太くて真っ白なタイヤ、そして茶色い革サドルが目を引きますが、前後にはディスクブレーキと、チェーンではなくベルトドライブ、後輪ハブの両サイドにはテールランプを採用するなど、現代の技術も融合しています。

ですがグリップがスロットルになっている感じでもなく、スマホやディスプレイを搭載するマウントも見当たらないので、基本的な電動アシスト自転車なのかなぁ? という気がします。

謎のカウントダウンが始まっている

詳しいスペックは発表されていませんが、公式サイトでは、アメリカ時間の11月16日に何かが起こるであろうカウントダウンが表示されています。どんな秘密が隠されているか、楽しみですね。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件