ラグやマットは何が違う?洗える素材やニトリの北欧ラグも紹介

food

ラグ・カーペット・マットの違いは大きさにある

普段は意識せずにラグやカーペットを購入しがちだが、それぞれどういった区別や違いがあるのだろうか。違いを把握すれば、用途に適した製品選びが可能になるはずだ。まずはそれぞれの違いから解説していく。

敷き物の大きさで区別する

ラグやマット、カーペットの具体的な違いは大きさである。ラグは一部分に敷くのが目的で、だいたい3畳までのサイズを指し、メリットは季節に合わせた素材や模様替え時の変更がしやすいところだ。マットはラグよりもさらに小さく、だいたい1畳以下のものとされており、キッチンマットやバスマットなどの商品が代表的だ。

カーペットは部屋全体に敷くのが目的で、サイズも3畳以上が一般的である。冬の断熱対策としてカーペットを敷いた場合、その上に家具が乗るので敷き替えに苦労することが多いといえるだろう。

語源と各国での区別の違い

カーペットと絨毯は同じものでカーペット(carpet)は英語、絨毯は日本語である。カーペットの語源はラテン語で毛をむしることを意味する「カルペレ(carpere)」からで、絨毯は中国語の「地毯(チタン)」といわれている。

ラグやカーペットの区別の違いは日本と海外では異なり、アメリカではラグは手織り、カーペットは機械織りとなっているし、イギリスでは厚手の毛織物で床の一部に敷いたりするものをラグとしている。もし海外製品を購入するなら、サイズ以外も確認するとカーペットとの見分けがつきやすくなるだろう。

夏用のラグは洗えるタイプが使いやすい

シーズンオフになった時のことを見据え、夏用にラグを選ぶなら洗える素材のものがおすすめだ。洗えない素材だと湿気や汚れを吸いっぱなしで不衛生な環境になってしまう。ここでは夏用に最適な素材を紹介するので、来シーズン買うときはぜひ参考にしてほしい。

衣類やタオルなどでもよく使われている植物繊維の綿は、水分の吸収と発散を行い、吸収するときは熱を奪う性質があるので、蒸し暑い夏用に適した綿素材を選べば、さらりとした心地よい肌触りを維持し、快適に過ごせるだろう。加えて水に強い繊維なので繰り返し洗濯で洗えるメリットもある。しかし乾くと縮みやすいという点は覚えておくといいだろう。

マイクロファイバー

マイクロファイバーは合成繊維のひとつで、季節問わず使いやすいのがポイントだ。吸水性だけではなく速乾性にも優れているので洗濯が楽になるうえ、触り心地もいいのでマイクロファイバーを使用した商品は人気がある。マイクロファイバーは繊維の細さがメリットでもあるが、肌が弱い人は繊維の先が尖っているため肌が荒れる可能性もあるので注意が必要だ。

ナイロン

ナイロンは丈夫で水に濡れても乾きが早いという特徴があるが、洗えるといっても何度も繰り返せば駄目になりやすいため、耐久性があるものはコストパフォーマンスが高い。化学繊維の中では高価な部類に入るナイロンだが、物持ちがいいので安物買いの銭失いにならなくて済むだろう。

北欧風ラグの購入はニトリの通販がおすすめ

ラグのデザインで北欧風は人気があるが、購入するならニトリの通販をおすすめしたい。ニトリには汚れたときに拭き取るだけで済むシリーズの商品があり、手軽な掃除方法は家族が利用して汚れやすいダイニングに敷くのにぴったりだ。その中のひとつ、北欧風のカラーはブルーとレッドの2種類で塩化ビニル樹脂が素材に使われている。北欧風はネット限定商品なので、購入するときはニトリの通販サイトを利用しよう。

通販での購入は、大きいものや重い荷物も玄関まで運んでもらえるので便利である。北欧風以外にもチェック柄やアラベスク模様などいろいろあるので、家族の部屋に敷く分もまとめて購入も検討してみてはいかがだろうか。

ラグやマットの違いを知ったうえで商品を探せば、闇雲に探すよりも早くよい商品を見つけられるだろう。子どもがいる家庭では、ニトリの拭き取れるシリーズも使い勝手バツグンで活躍するはずだ。ぜひ部屋に合うラグを探してみてほしい。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件