「教場2」やっぱり撮り直し必至!伊藤健太郎が重要なシーンで出演していること、撮影は終了していることが明らかに

news

伊藤健太郎さんのひき逃げ逮捕で”お蔵入りの危機”に瀕しているキムタク主演ドラマ「教場2」ですが、やはり撮り直しせざるを得ない状況になっているようです。

※男前なデニムのマスク。

昨日、ご紹介した記事では、伊藤さんが重要ではない役をやっている可能性もあるとのことでしたが、今朝配信された文春オンラインによると「かなり重要なシーンで出番があり、すでに撮影は終了している」とのこと。

ドラマは現在も撮影中だそうで、今回の件が速報として流れてきた時、現場にいた共演者とスタッフたちは「絶句した」といいます。

そりゃ、そうですよね…

伊藤さんをサーフィンに誘うくらい可愛がっていたキムタクは、いったいどんな気持ちだったのでしょうか?

[以下引用]
「伊藤は木村が主演したドラマ『BG〜身辺警護人〜』にも最終回に新人ボディーガード役で1シーンだけ出演している。制作係者が『伊藤さんがやるほどの役ではないです』と話しても、『木村さんと共演できるんでしょ。絶対にやらせてください!』と直談判した。それまでは伊藤は自身が持つキムタク愛を隠していたが、共演したときは自然と涙したそう。昨年9月にTBSの『櫻井・有吉THE夜会』に出演したときは、木村拓哉にまつわるクイズに全問正解するなど、木村愛を爆発させていました。その番組を見ていた木村が同年10月17日に同番組に出演した際に、『伊藤健太郎君、出てるよ〜』と手を振って呼びかけた。この時の感動を伊藤は自身がパーソナリティを務めるラジオ番組で熱く語っていました」(テレビ局係者)
[文春オンライン]

事故を起こしたとしても、現場に残って被害者の方々の生命と安全を最優先させ、ちゃんと自分で警察や救急に通報していれば「逮捕されていなかっただろう」と、警察係者も言ってました。

そうであれば、出演が決まっていたドラマや映画、CMなども降板までには至らず、俳優としてキャリアを続けていくことも可能だったろうに…

今回は”ひき逃げ”という悪質な犯罪によって、相手の被害者に重傷を負わせてしまっているので、最低でも1年以上の謹慎、下手すると芸能界引退を余儀なくされると見られています。

若手俳優として順調なキャリアを積んでいた伊藤さんだけに、とても残念です。

※「教場」出演時の伊藤健太郎

画像→ geinou ranking

ちなみに、伊藤さんは子供の頃から車が大好きで、高校卒業後に「芝居で運転するシーンがあるかもしれない」という理由で運転免許を取得したそう。

しかし、育ての親だった女性マネージャーが事故を起こした時のリスクを考え、車の運転はずっと禁止されていたんだとか。

その後、金銭問題や素行問題などが重なり、一昨年にその女性マネージャーと袂を分かった頃から、今回の事故を起こした高級SUVの運転を始めたとのこと。

しかも、その車は事務所から買い与えられたものだったといいますから、なんとも皮肉。

また、文春ではこの女性マネージャーを直撃していますが、次のように答えています。

「今は係ない立場ですけど、以前担当していたので、事故に遭われた相手の方が心配です。ただ、申し訳ない気持ちでいっぱいです」

いくらケンカ別れしたとは言え、育ての親としては残念な気持ちでいっぱいでしょう…

[スポンサーリンク]

ところで、ジャニーズと交通事故と言ったら、2009年には稲垣吾郎くんが駐車違反で警察官に免許証提示を求められ、パニックになって車を急発進させてしまい、道路交通法違反と公務執行妨害で逮捕された事件もありました。

2010年にはニノが歩行者との接触事故を起こして書類送検、2017年にはキムタクがバイクへの追突事故を起こすなど、スピード違反などの交通違反も含めると数多くの”事件”を起こしていることも事実。

ジャニーさんが車大好きだったこともあって、ジャニーズではタレントがバイクや車を運転することはOKどころか、コンサート中でも東近郊の会場なら自ら運転して通うこともあるといいますが、やはり芸能人が運転することはリスクが高すぎますよね…

ただでさえ週刊誌に狙われやすいジャニタレですから、今後は車の運転について再考する必要が出てくるかもしれません。

※そういう意味でも、もうジャニーズには戻れない??

※ジャニーズの最新情報はこちらでどうぞ。

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを…

スポンサーリンク

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件