アラフォー女性の悩み「肝斑」の治療方法について知りたい!

lifestyle

この頬のもやもや…一体何なの!?

アジア人は肝斑ができやすく、浅黒いタイプの人の方が現れやすいといわれています。そして、肝斑が出やすい年代は30代から40代で、50代後半までに治まることがほとんどです。

肝斑の原因はまだはっきりとしていませんが、女性ホルモンのバランスが原因という説が有力です。妊娠や経口避妊薬が引き金になることがあり、高齢になるとほとんど見られないためです。12種類ほどある女性ホルモンの中でもエストロゲンとプロゲステロンが関係しているといわれています。女性ホルモンのバランスは精神的ストレスによっても崩れます。

また、外的要因も否定できないのでマッサージのし過ぎや紫外線にも気をつけましょう。通常のシミとは違いますが、メラニンが作り出される仕組みは同じです。メラノサイトという細胞が紫外線やホルモンに影響されてメラニンが作り出されるのです。頬骨に沿って現れるのは、紫外線を浴びやすいパーツだからかもしれません。日焼け止めを二重に塗るなどの対策をおすすめします。

助けてドクター!女性の駆け込み寺・美容クリニック

肝斑の治療法は外用療法、ケミカルピーリング、内服療法、レーザー療法が一般的です。さまざまな治療法がありますが、肝斑は通常のシミと違って良くなってもまた現れることが度々あるので、完治は難しいものと思っておいた方がいいでしょう。しかし、期間限定でも消したいと思うのが女心ですよね。

肝斑の治療は皮膚科や美容皮膚科などで受けることができます。クリニックでは内服薬のトラネキサム酸と外用薬のハイドロキノン、ビタミンA誘導体・トレチノインを処方するのが一般的です。トラネキサム酸はプラスミンというメラニンを増幅させる酵素の働きを抑える作用があり、服用を始めてから1~2ヶ月ほどして効果が現れてきます。ハイドロキノンはメラミンを生成するチロシナーゼという酵素をブロック、トレチノインは肌のターンオーバーを促します。中には、トレチノインの刺激に耐えられない人もいるので、その場合はグリコール酸を使用する軽いケミカルピーリングにすると有効です。また、今までレーザー療法は肝斑にとって禁忌とされてきましたが、弱いパワーで照射するなら有効であることがわかりました。この照射モードをレーザートーニングといい、薬などよりも早い効果が見込めます。

美白は体の中からも!海外セレブも努力中です

肝斑に悩む女性は日本の一般人だけではありません。海外セレブにとっても悩みの種の一つなのです。完治は難しい肝斑ですが、毎日摂取する食べ物に気を付けることで改善することができます。彼女らの間で人気があるのは、ビタミンCが破壊されずに摂取できるグリーンスムージーです。このとき、野菜の王様と称されるモロヘイヤを使うとより効果的でしょう。他にも、パセリやピーマン(特に赤)、明日葉、小松菜などもビタミンCが豊富です。作るときに気を付けたいのはでんぷん質の野菜と動物性タンパク質を入れないことです。でんぷん質の野菜は人参、キャベツ、ブロッコリーの茎、カリフラワーなどで、消化が悪く、腸内でガスが発生しやすくなります。また、動物性タンパク質は栄養の吸収を妨げてしまいます。ベースは水と野菜と果物で、あまり多種類にならない方が栄養を吸収しやすいでしょう。

そして、美白に効果的な果物は柿で、ビタミンCの他に抗酸化物質であるβカロテンが含まれています。さらに抗酸化物質が豊富な食べ物は紅鮭やトマトなどで、トマトは生よりもジュースや水煮の方が、リコピンが凝縮されているのでおすすめです。また、タンパク質とビタミンEも大事で、大豆や卵、プロセスチーズ、アーモンドなどで摂取することができます。

やっぱり毎日のスキンケアが大事!

今は市販の化粧品でもトラネキサム酸配合のものやビタミンC誘導体配合のものが多く販売されています。また、ハイドロキノンやビタミンA誘導体もジェルやクリームに配合されて売られています。ハイドロキノンやビタミンA誘導体は刺激が強いので、3~4ヶ月使用したら1ヶ月休むというサイクルにしましょう。使用している間は肌が過敏になって紫外線の影響を強く受けるので、さらに紫外線対策に気を付けます。

ハイドロキノンの誘導体でより安全に使用できるαアルブチンという美白成分は、近頃基礎化粧品に配合されていることが多いです。αアルブチンはコメモモや洋ナシなどの植物由来成分で、トラネキサム酸やビタミンC誘導体同様、厚生労働省の認可が下りている成分です。この他の認可済み美白成分にはカミツレエキスから抽出した美白成分・カモミラETや、天然ポリフェノールから作られた美白成分・エラグ酸などがあります。これらの成分が配合されている基礎化粧品を毎日のスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

そして、トラネキサム酸配合の市販内服薬も販売されています。商品によっては、最大の効果を持たせるために1日に摂取できる最大量を配合しているものもあります。服用中にトラネキサム酸配合の風邪薬を飲んでしまうと限度量を超えてしまうので、一旦服用をお休みしましょう。

タグ: ウォミィ

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件