姑を強姦した30代の変態男 懲役7年6ヶ月の実刑判決も2年以内に仮釈放か

lifestyle

(ronstik/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

妻の母親に欲情し、激しい性暴行を加えた後、財布からお金を抜き取った30代の男。モラルの欠如も甚だしい変態男に、このほど懲役7年超の実刑判決が言い渡された。しかし…。

■狙われたのは妻の母親

オーストラリア・クイーンズランド州のブリスベンで10月27日、親族の女性に対する性的暴行、および金銭強奪の罪に問われていた38歳の男の被告人に、裁判所は懲役7年6ヶ月の実刑判決を言い渡した。

親族内で起きた事件ゆえ、被害者のプライバシーを重んじ、被告人の名前などは明らかにされていない。

関連記事:幼児2名に性行為を強要し撮影した小児性愛者の男 600年の禁固刑に

■何時間も執拗に性暴行

2019年10月、男は妻の母親である姑(当時48歳)の自宅を訪問して性的暴行を働き、彼女の財布から紙幣を奪って逃走するも、後に逮捕された。

アルコールおよび大麻の影響により、強姦は何時間にもわたったうえ、極めて乱暴なものだった。苦痛で動けなくなった姑の口に、男はなおも性器を押し込んできたという。

被害者である姑は法廷で、恐怖ゆえ何ら抵抗できなかったこと、現在も不眠など体調不調に悩まされていることなどを明らかにしている。

■40歳で出所の可能性も

実刑判決により男の身柄は刑務所へと送られたが、裁判官は判決のなかで、被告人が2022年5月以降に仮釈放の権利を得る旨を添えていた。これに対し、ブリスベンの市民の間では「反省が浅いまま40歳の若さで社会に戻すのは危険。甘すぎる」との批判の声が高まっている模様だ。

なお被告人側は、幼少期にカトリック教会の聖職者による性的暴行の被害を受けた経験が、自分の性格その他を変えてしまったと法廷で強く訴えていたという。

■人に言えない性癖はある?

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,880名を対象に調査を実施。全体でみると23.6%が「人には言えない性癖がある」と回答しており、圧倒的に男性の割合が高く、また男女とも10代~30代までが最も高いことがわかった。

姑に対して欲情した被告人。その同年代である30代男性の、じつに40.8%が変わった性癖を自覚しているという事実には驚くばかりだ。自分の交際・結婚相手はノーマルなのか、思わず疑ってしまう女性も多いのではないだろうか。

・合わせて読みたい→母親の恋人に妊娠させられた10歳少女 中絶を認めない医師に批判集まる

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2020年4月24日~2020年4月27日 

対象:全国10〜60代男女1,880名(有効回答数)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件